Uncategorized

■各地で開発されるデジタル医療

コロナ禍で危惧されたのは、病院の受け入れ体制に対して患者数が上回り医療サービスが麻痺してしまう医療崩壊だ。今、アフリカで取り組まれている マリ人の平均寿命は年WHOのデータで歳となっており、他のサハラ以南のアフリカ諸国とほぼ同等です。妊産婦死亡率は10万出産あたり人、新生児死亡率は1,人 先進国と発展途上国の医療格差は非常に大きく、世界的に問題視されています。特にアフリカは紛争や人道危機に見舞われている国も多いことから、医療
アフリカ・ザンビアの僻地の診療所の内部を公開! アフリカは広く、病院の数はそう多くはありません。 物理的に遠いことから、病院にアクセスできない人が多いのです。 そのため、現地では「まじない」のような非科学的な伝統医療を利用する人も多くいます。もちろん医学的には有効でない処置です。 ようやく病院にたどり着いても、重症化して手の施しようがない場合もあります。. 近年、日本国内でも非正規雇用層の増大やシングルマザー世帯の増加を受けて、貧困層の拡大が問題になっています。しかし世界では、日本に住んでいる私たちとは異なる貧困問題があります。 この記事では、アフリカにフォーカスを当て、貧困の原因、子どもたちの暮らしや教育事情、私たちができる支援について解説します。 アフリカの貧困が子どもたちに与える影響は?どんな支援が行われている? 「コロナに負けず頑張っている子ども達」 を応援できます! 世界には「 生命の危機」や「困窮」に直面している子ども達 が多くいます。 そういった子ども達に、この コロナ禍でも国内・海外問わず支援を続けていける団体 があります。 この団体の支援活動をgooddoと一緒に応援しませんか? アフリカ 医療 \子ども達を応援!/ 支援団体を みてみる!. 地域の人々へ向けて公衆衛生の指導や簡易的な医療行為を行う地域保健員は、 肺炎やマラリアの診断 をすることができる簡易検査キットを取り扱うことができます。また、 下痢や肺炎を予防することのできるワクチンを打つ ことも可能です。. 新生児にとって最も命のリスクが高いのは、 出産中あるいはその直後です。 年のデータによると、 世界で毎年万人の妊婦と新生児が命を落としています。 原因は、早産あるいは未熟児であったり、出産中の合併症や先天的欠陥があったり、感染症にかかったりした場合です。. アフリカでは植民地支配の開放から適当に引かれた国境などが原因で、 民族間の紛争が起きている地域が今でも存在します。. また、学校に通っている子どもは限られています。多くの子どもは水汲みや兄弟の子守りなどの家事で忙しく、学校に通えずにいます。水くみは子どもの仕事です。 大きなたらいに水を入れてデコボコの道を何時間も歩くため危険を伴う作業 です。. ちなみに日本でも、アフリカの現状や必要とされている支援について理解を深めるためのイベントなども行われています。こうしたイベントにボランティアスタッフとして参加することも、 間接的にアフリカの子どもたちを救うための支援となります。. 都度の寄付は、 自分の都合の良い時に、自由な金額を寄付 することができます。 定額で毎月寄付することは難しい人、あるいは、まずはお試しで寄付してみたいという人には都度寄付がおすすめです。. 同じように妊産婦の死亡率も酷く、 10万出生あたりという数字が出ており、日本の6や世界平均の と比較しても群を抜いています。. 予防可能な病気による子どもの死亡をなくすためには、妊娠中および出産時の技術を有する 保健専門家へのアクセス、予防接種、母乳育児や安価な薬 などの命を守る支援を行うことが大切です。 そして、世界の最も貧しい地域の人々が手にできていない 安全な水と衛生的な環境へのアクセス も同時に必要となります。. 医療施設の整備が不十分な開発途上地域では、 女性が妊娠・出産で命を失うリスクが非常に高く 、たとえ無事に生まれたとしても、 アフリカ 医療 ために、毎年万人もの子どもが5歳の誕生日を迎える前に命を奪われています。. 穴あき二次元エロ 共感してくれる人が増えれば支援の輪が広まります 。. アフリカでは 干ばつや紛争を背景とする大規模な食料危機が頻発 しており、何百万人もの子どもたちが、栄養不良や感染症などで命の危険にさらされています。. CATEGORY アフリカ(健康福祉). そこで、数多くの団体がアフリカの子どもたちを支援しています。 こうした 活動団体に寄付や募金することを通じて 、私たちもアフリカの子どもたちを救うことができます。.

Read More