モモ(桃):ゴールデンピーチ | nae-ya|herbal tree shop |ハーバルツリーショップ なえやnae-ya|herbal tree shop |ハーバルツリーショップ なえや

モモ(桃):ゴールデンピーチ


原産地は中国西北部の黄河上流地帯。欧州へは1世紀頃にペルシア経由で伝わった。英名ピーチ(Peach)は"ペルシア"が語源で、ラテン語のpersicum malum(ペルシアの林檎)から来ている。種小名persica(ペルシアの)も同様の理由による。 日本では弥生時代(あるいはそれ以前)に伝わった。平安時代~鎌倉時代には水菓子と呼ばれ珍重されていたが、当時の品種はそれほど甘くなく主に薬用・観賞用として用いられていたとする説もある。明治時代には、甘味の強い水蜜桃系(品種名:上海水蜜桃など)が輸入され、食用として広まった。現在日本で食用に栽培されている品種は、この水蜜桃系を品種改良したものがほとんどである。. 驚きと感動を アウローラ オリジナルリーフレット(説明書) フルーツの説明・栽培のこだわり・生産者・食べ方・食べ方など、記載したリーフレットを添えてお送りします。. 溢れる水密 水蜜桃. 今、輝きの桃 黄金桃. レンガ ゴールデンピーチ 黄金桃「ゴールデンピーチ」. 原産地は中国西北部の黄河上流地帯。欧州へは1世紀頃にペルシア経由で伝わった。英名ピーチ(Peach)は"ペルシア"が語源で、ラテン語のpersicum malum(ペルシアの林檎)から来ている。種小名persica(ペルシアの)も同様の理由による。 日本では弥生時代(あるいはそれ以前)に伝わった。平安時代~鎌倉時代には水菓子と呼ばれ珍重されていたが、当時の品種はそれほど甘くなく主に薬用・観賞用として用いられていたとする説もある。明治時代には、甘味の強い水蜜桃系(品種名:上海水蜜桃など)が輸入され、食用として広まった。現在日本で食用に栽培されている品種は、この水蜜桃系を品種改良したものがほとんどである。 なお、"もも"の語源には諸説あり、「真実(まみ)」より転じたとする説、実の色から「燃実(もえみ)」より転じたとする説、多くの実をつけることから「百(もも)」とする説などがある。. 黄金桃のルーツは、甘い桃の品種の代名詞、川中島白桃から偶然生まれた品種です。果皮の色は袋掛けされていたものは全体に美しい黄金色をしています。そうでないものは普通の桃と同じように、黄色地に赤く色付いた部分がある物や、全体に濃い赤に染まっているものなどもあります。 いずれも果肉は黄桃の仲間なので綺麗な黄色で、マンゴーを思わせるような感じです。 肉質は白桃に近い食感でややしっかりとしていますが、缶詰に使われている黄桃ほどではありません。とてもジューシーで、甘味も強く、適度な酸味があり全体として濃厚な美味しさが楽しめます。. 甘く格調高い香り 洋梨. com プライバシーポリシー   法定表記. ぶどうの最先端 華恋ぶどう. 糖度14度以上 水蜜桃NEXT. モモ(桃)は、中国原産でバラ科モモ属の耐寒性落葉小高木です。 果実を食用する果樹品種のモモ(桃)と、花の観賞を目的とする ハナモモ(花桃) があります。 日本には古い時代に中国から渡来したとされていますが、食用として本格的に栽培が始まったのは江戸時代ころからと言われています。 明治初期に、欧州系、中国系の品質の良いモモが輸入されるようになり、品種改良を重ね、現在の品種になりました。. 商品説明 ゴールデンピーチは、晩生で大玉の黄肉品種です。 果皮と果肉が黄色く、南国フルーツのような独特の甘い香りがします。 果重はgほど、糖度は比較的高く、酸味は少なく、とろけるような食味のモモです。 缶詰などに利用される黄桃とは別物で生食に適した品種です。 果皮が黄色いのは袋掛けによるもので、袋掛けせずに日光にあてて成長させた場合は、普通のモモのように赤く色付きます。 自家結実性で1本で結実します。 収穫時期は、8月下旬~9月上旬。 モモ(桃)の基本情報 モモ(桃)は、中国原産でバラ科モモ属の耐寒性落葉小高木です。 果実を食用する果樹品種のモモ(桃)と、花の観賞を目的とする ハナモモ(花桃) レンガ ゴールデンピーチ 日本には古い時代に中国から渡来したとされていますが、食用として本格的に栽培が始まったのは江戸時代ころからと言われています。 明治初期に、欧州系、中国系の品質の良いモモが輸入されるようになり、品種改良を重ね、現在の品種になりました。 モモの花は3~4月頃、葉に先立って咲き、花色は通常はピンク色で一重の5弁花で、雄しべが多数あるのが特徴です。 葉は花よりやや遅れて茂り、細長い形で互生し、縁にはギザギザがあります。 果実は7~8月頃に熟し、果肉は球形で水分を多く含み柔らかく、生食できます。 モモは、実・葉・種・花の全てが栄養豊富でたいへん優れた植物です。 花は「白桃花(はくとうか)」、種子の内核は「桃仁(とうにん)」と呼ばれ、生薬として用いられます。 また、モモの葉はタンニン、マグネシウム・カリウムなどの成分を含有し、江戸時代より夏の土用に 「桃湯(ももゆ)」、「桃葉湯(とうとうゆ)」に入る風習があります。. こだわりの荷造り 空き箱を使用した2重梱包でお届けします。 輸送中の少々手荒い扱いにも耐えれる梱包を目指します。輸送中の荷傷みによるキズに対しては、商品を再送させて頂きます。.

東京民謡民舞連盟, うち の たまご 博多, 振っても諦めない男, 株 ホテル本陣 旭川