薬物運搬用ナノ粒子内の構造解析に世界で初めて成功

ビルドアッププロセス金属ナノ粒子 | ナード研究所


本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST) 研究領域 「ナノ界面技術の基盤構築」 (研究総括:新海 ナノ粒子 研究 トップ 工学部 ナノサイエンス学科 名誉教授) 研究課題名 「DDS粒子のナノ界面と鳥インフルエンザワクチン等への応用」 研究代表者 櫻井 和朗(北九州市立大学 国際環境工学部 教授) 研究期間 平成19年10月~平成25年3月 JSTはこの領域で、異種材料・異種物質状態間の接合界面を扱う研究分野の融合によってナノ界面機能に関する横断的な知識を獲得するとともに、これを基盤として界面ナノ構造を自在に制御し、飛躍的な高機能化を可能にする革新的なナノ界面技術を創出することを目的としています。上記研究課題では、次世代のDDSナノ粒子に関して、粒子の内部構造、粒子内の疎水/親水界面における薬物の挙動と形態、生体膜との融合挙動を、放射光を用いて精密に解明し、この結果を利用して、遺伝子デリバリーやたんぱく質製剤の分野に新しいDDS技術を提供することを目標としています。. 日本語 ENGLISH. 試料中の微量な成分を見つけ出すためには、強力なレーザー光を照射することも有効です。そこで、 倍強いレーザーを使って、同じエタノール溶液試料の表面増強ラマンスペクトルを計測しました。すると、それまで見られなかったピークが複数現れました (表面増強ラマンスペクトル(強)) 。一旦これらのピークが観測されると、レーザー出力を元に戻してもピークは観測されます。強い光を照射すると、パラアミノチオフェノール分子が化学反応を起こし、化学変化によって生成した物質の表面増強ラマン散乱が観測されていました。その後の研究により、パラアミノチオフェノールだけではなく、他の分子でも同様に化学反応が起こることがわかってきました。また、銀ナノ粒子を使っても、同様の化学反応が起こることもわかりました。貴金属ナノ粒子に表面プラズモンが形成されると、「ホットエレクトロン」と呼ばれる高いエネルギーを持った電子が金属中に生成されます。ホットエレクトロンが、ナノ粒子表面に吸着した(或いは結合した)分子を活性化するために、このような化学反応が進行します。表面プラズモンは分子を明るく照らすだけでなく、貴金属ナノ粒子表面で光化学反応を誘起できるわけです。現在、金属ナノ粒子を半導体やナノカーボンなど他の材料と組み合わせることで、エネルギー問題解決へ向け、太陽光エネルギーを電気エネルギーや化学エネルギーへ変換する様々な研究が国内外問わず盛んに行われています。. 化学科 パンフレット. 新型コロナウイルス感染症への対応 6月11日更新 化学科 パンフレット 岡山大学理学部化学科 〒 岡山市北区津島中3-1-1 FAX:

クーデレ と は