Uncategorized

年俸制は月給制と何が違う?メリットとデメリットは?

管理職の休日出勤 いつもこのコーナーではお世話になっています。 私どもの会社では、就業規則の上では、社員に休日出勤を命じたときは代休又は振り替え休日を与えるとなっています。ところが、管理職(課長、係長級以上)については、休日出勤しても手当も代休ももらえません。 自分の仕事の遅れなどでどうしても休日出てやらないといけないような場合はそれでも仕方ないかなとも思いますが、上司命令(私は一応課長級なので部長級以上)で出ないといけない場合は代休を取らせないと労働基準法上もまずいのではないかと思うのですが、どなたか労働法規に詳しい方、よろしくご回答願います。 ベストアンサー. 給料明細について教えてください。 今の会社は給料は銀行振込で明細は手渡しです。 封筒に明細が入ってましてホチキスでとめてます。 たまに、みんなが使うテーブルの上に各自並べてる時があります。 給料日当日休みだったりすると、テーブルの上に放置してます。 ホチキスなので開封してまた閉じれば見られたかどうかは分かりません。 個人的には嫌です。 個人的な書類もテーブルの上に置いてあり、いつから置いてるかわからず、気がついた時に受け取る感じです。 今まで務めて来たところ全てはちゃんと個人情報的な物は社長や事務の方から受け取ったりしてきたので、すごく気になります。 今回の給料明細の袋はホチキスで2回ほど 1回失敗してます とめてましたが、折り返しのギリギリなので普通に中開けて見れます。 ホチキスでとめてる意味がありません。 何かアドバイス等ありましたら宜しくお願い致します。. 管理職の定義 私の会社では、係長以上が管理職と定められています。 管理職手当は支給されています。(適正?かどうかはわかりません。) 調べてみると、 労働基準法には、「管理監督者については、労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用されない」と規定されていて、 労働基準法で定められた管理監督者に該当するかどうかは、実態に即して判断することが重要だということですが、 管理監督者と認められるか否かの判断基準である「実態」に関しては、特に規定された法律はなく、過去の判例等から判断することになります。 管理監督者の主な判断基準には、次のようなものが挙げられます。 となっていて、  1.適正な額の役付手当等の特別手当が支給されている  2.出社時間及び退社時間等の勤務時間について自己の自由な裁量に任されている  3.職務の内容が、ある部門全体の統括的な立場にあり、一般の社員とは一線を画した職務を行っている  4.部下に対する人事考課や会社の機密事項に接している と、なっていますが、このうちひとつでも該当すれば、 管理職と判断されるのでしょうか? 締切済み. 企業にとってのメリットとして、まず挙げられるのが 「経営計画の立てやすさ」 です。年俸制を採用することにより、事前に年間の人件費の総額を確定できるため、中長期的な経営計画を立てやすくなります。成果主義と併せて導入する場合には、 労働者のモチベーションの向上 につながるとされています。年齢や経歴にかかわらず、成果を上げた分だけ翌年度の給与に反映されるため、積極的に仕事に取り組む労働者が増えるでしょう。それにより、 「生産性の向上」や「業績の改善」 も期待できます。. 弁護士法人 第一法律事務所(東京事務所) 弁護士 藥師寺 正典. トップページ 記事一覧 社員から役員になり、再び社員に戻る場合の有給休暇は?.
有給休暇義務化のパート・アルバイトの具体的な対応法【2019年4月働き方改革】 年の4月1日から. 有給休暇義務化 が始まります。. 正式な名称を. 年次有給休暇の時期指定義務 といい. 年に有給休暇が10日以上ある人は. 年間5日の有給休暇消化が義務付けられます。. しっかりと有給休暇を取得してもらい このため、今般、労働基準法が改正され、(平成31)年4月から、全ての企業におい て、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち年 5日については、使用者が時季を指定して取得させることが必要となりました。  · 上記で見てきたように、取締役など役員の場合には、労働基準法や就業規則が適用されず、有給休暇の対象となりません。 しかし、役員であっても、兼務役員の場合には、労働者と同じ扱いをされる場合があります。Estimated Reading Time: 3 mins 兼務役員の場合、取締役としてどの程度までの業務執行権や裁量を与えられているか、です。 その裁量により「 役員 としての欠勤」が出来るなら 役員 として休むだろうし、出来ないならば「 労働者 としての 年次有給休暇 を使用する」こととなる。 年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説 年4月施行 年4月から、全ての使用者に対して 「年5日の年次有給休暇の確実な取得」が義務付けられます。 厚生労働省・都道府県労働局・労
お寺参り 礼参 のろうそくの色, いすみ市 理容院 田中
Read More