【副業の節税対策】事業所得の赤字と給与所得を損益通算できる?

1. 所得の区分は10種類


 · 所得税の計算は、まずは各種所得の金額を其々計算します。 ・事業所得 万円万円万円=0 ・給与所得 万円万円=65万円 そして、各種所得の金額を合計して合計所得金額を出します。 ・0+65万円=65万円(合計所得金額) 個人事業者の所得は「事業所得」とされ「収入-必要経費」として計算されます。個人事業者の所得には、所得税のほか事業税(都道府県)と住民税(都道府県+市町村)が課税されます。 個人事業者は自ら事業所得を計算しなければなりません。 給与所得と事業所得が両方あるとき. 最近では大手企業でも容認するところが出てきている副業や兼業、こんな人はメリットを受けることができます。. 例えばA株式会社に勤めているBさん、副業で個人法律事務所を開業し弁護士をしているとします  · 給与所得とは異なり、事業所得には事業税が課税されることにも注意が必要です。 給与所得とは 法人事業の場合の法人としての儲けは、「売上金額-売上原価-従業員の給与等の販売費及び一般管理費+営業外損益+特別損益」として計算されます。Estimated Reading Time: 2 mins この内訳の書き方がわからなくて、本当に苦労しました。. 特定口座の源泉徴収ありを選んでいる人は確定申告しないでしょうから、そういう事例の情報がなくて困りました。. 代表的な書き方の例をまとめてみましたので、参考になれば幸いです。. 目次. 給料をもらっている人. 事業所得がある人. 配当の受け取りや株売買をした人. 雑収入がある人. 所得の内訳に書き  · 事業所得 や雑所得が 給料の合計金額は30万円+10万円=40万円となり、この場合の報酬月額は38 、その両方の会社の給料合算額に対する保険料を会社ごとの報酬月額で案分し、各会社の給料から天引きする Estimated Reading Time: 5 mins 1 その報酬(給与)を事業所得として申告、源泉徴収票を支払調書とすることができますか。 回答 給与所得を事業所得とすることは できません 。 また、事業所得を給与所得にすることはできません。Estimated Reading Time: 2 mins ①事業所得 [総収入]- [必要経費]=48万円 ②給与所得 [給与収入:55万円]- [給与所得控除:55万円]=0円 という意味で記載しているのであれば、 「税制上の扶養範囲内」、 すなわち、 親 (扶養者)は「扶養控除」が申告できます。