Uncategorized

日本にストリートカルチャーなんて存在しない!?

モテる大人の特徴とは? それは今も昔も「スマート」であることでしょう。辞書によれば「Smart」とは「賢明な」「キビキビとした」「洗練された」といった意味。また最近ではスマートフォンを筆頭に、「コンピューティングと結びついた」といったニュアンスも含まれます。つまり、現代のモテる大人は「テクノロジーに強い」ことも必須なわけで。ということで本連載では、そんなスマートな大人になるための様々なガジェット・アイテムをご紹介。時代にふさわしい「E(エレクトロニクス)」の「イイ〜モン」をぜひご覧ください。. SIGN IN. TOP FASHION ストリートカルチャーは地方が主役になる。都築響一が解説する、日本のいま。. お気に入り Twitter Facebook Line Mail Pocket Hatena.

現在、ファッションシーンは世界的にストリートの気分で満たされています。 シュプリームやア・コールド・ウォールなどをはじめとするコアなブランドが注目されるだけでなく、バレンシアガやジバンシィといったメゾンブランドまで、ストリートテイストを取り入れたアイテムを数多くリリースし、人気を博しています。しかし、なぜ今ストリートなのか?  『TOKYO STYLE』、『着倒れ方丈記』、『捨てられないTシャツ』などの著書で知られる都築響一氏は、多くの若者とファッションの関わりあいを、独自の視点で取材し続けてきたスペシャリスト。 現代美術に関しても深い造詣を持つ編集者兼写真家である氏に、そんなストリートの現状について話を聞いてみました。 ——— 都築さんご自身は、昨今のストリートブームについてどうお感じですか? 「もともとファッションは、一般人とハイソサエティではそれぞれ枠が異なっていて、交わることなく発展してきたカルチャーです。安売りスーパーに並んでいるようなシャツをお金持ちは気にしませんし、庶民は、銀座や青山のブランド服を手にする余裕や感性を持っていませんでした。 両者がリンクすることもないし、お互いにその必要もなかったのです。そういった構造はアートなども同様ですが、ある時点を境にボーダーが曖昧になってきたように思います。.

カルチャ 2. ファッションで言えば、そのひとつの大きな要因として、デザイナーのパワー不足が挙げられます。昔はスターと呼べる革新的な表現力を持つデザイナーが次々と世に出てきたものでした。シャネルしかりサンローランしかり。 しかし、そういった特別な才能を持つクリエイターが、昨今はほとんどいない状態。 もうひとつの要因が、ブランドの巨大グループ化。これも庶民とハイソサエティのボーダーを曖昧にする一助となっているように思います。 主にこれら二つの要因が肥大化することで、ファッションのあり方が大きく変化したと個人的には考えています。 昔は偉大なデザイナーがいて、素晴らしいアイデアと仕立てを駆使して最高の服を作っていました。もちろんその値段はずば抜けて高額。それゆえに一部の富裕層のみがそれらを手にしていました。 長らくその構造が続いていたのですが、ブランドのグループ化による世界的な多店舗展開は、一部の富裕層を相手にするだけでは済まなくなってきた。 ゆえにプレタポルテは当然のこと、バッグや香水、サングラスといった小物まで商品として加えなければならなくなったのです。 そうして増え続けるラインナップすべてに革新的なデザインやハイエンドな作りを実現することなど当然不可能です。そんな状況から生まれたのが、庶民向けのアイテムをブランドのパワーと宣伝効果によって売るビジネスの形。 すべてがそうではないにしろ、それが今のストリートブームと呼ばれるものの背景だと感じています」.

PAGE ストリート カルチャー と は. PAGE 4. 雑誌の世界もかなり変化していると感じます。かつては特集で紹介するアイテムを、担当編集者がこぞって買い取ったものでした。紹介記事を作っているうちに惚れ込んでしまうワケですね 笑 。だから紹介文にも相当の熱がこもる。 しかし現在は、通勤バッグひとつ取っても50万円したりする時代。おいそれと買い取るワケにもいかず、紹介文もありきたりで表面的なものになってしまう。 また通信技術の進歩により、メディアの発信が都市部に限らなくなったことも、ストリート的には大きなポイントです。 先日『鶴と亀』という興味深いメディアと出会い、取材に発展したんですよ。長野県の奥地で製作されているその媒体は、高齢者のファッションスナップなどを豊富に掲載していて、編集者は、そこにヒップホップというかブラックカルチャー的な洒落の効いたスタイルのエッセンスを感じているそうなんです。その視点と切り口は実に印象的です 笑 。.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう LEON. フォロー フォロー 友だち追加 フォロー お気に入り. Twitter Facebook Instagram. ALL RIGHTS RESERVED.


【セールで伝説のアレを!】シュプリーム21SS セールへ行く!そしてまさかのアレを買うw 衝撃の接客の内容とは!?【Supreme 渋谷 原宿 NikeLab MA5】 取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。. This is a view of the streets as shared spaces, made for the benefit of all that use them. These are the places street culture is born and from there it spreads. by JizzleDizzle August 30, UPDATE 04

Read More