一般社団法人の理事はどうやって選任される?

一般財団法人との人数の違いは?


弊社では「お客様それぞれのニーズ」に合わせた一般社団法人の設立・変更に関するご相談を承っております。 東京・神戸オフィスにて 無料面談相談 も実施しておりますので 「専門家の話をじっくりと聞いてみたい」 という方は、お気軽にご利用下さい。. 法人税法上の課税対象となる事業が収益事業と呼ばれています。 物品販売事業、製造業、通信業、運送業など法人税法上、34種類の事業が収益事業として定められています。 世にある大半の事業がこの34種類の収益事業に該当するので、法人の収入源が会費や寄付金のみといった法人で無い限り、課税はされるということになります。 つまり、多くの一般社団法人が行う事業については、なんらかの税金がかかるという事です。 法人の事業が収益事業かどうかは個々に判断されますので、自分で判断できない場合は、税理士や税務署に確認しておきましょう。 税金の知識が無い方が、自らの判断のみで収益事業には該当しないだろうとの予測のもと、事業を始めるのは危険です。 後から課税されて納税資金が無いといったような事態に陥ってはなりません。 収益事業についてはこちらのページも参考にしてください。 *参考ページ: 一般社団法人の税制について. 公益社団法人に関しては、 理事又は監事に、三親等以内の親族が総数の3分の1を超えて含まれてはいけない という理事及び監事の親族制限 があります。. これまで一般の方 名以上 (年11月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、 非営利型一般社団法人 理事 親族 どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス). 安島秀樹 安島秀樹税理士事務所. インターネットでのお問い合わせはこちら 【24時間受け付けております】 お問い合わせ専用フォームへ. また、 営利型と非営利型の一般社団法人では、組織上の要件が異なります 。一般社団法人の基本的な要件では、理事が1名以上必要とされています。しかし、非営利型一般社団法人では、この組織上の要件が厳格になります。すなわち、非営利徹底型、共益目的型ともに、以下のような要件が定められています。. 利益の配当をしない法人を非営利法人と言います。 非営利とは、株式会社のように株主に利益の配当をしないという意味です。 つまり、利益が出てもOKですが、法人の社員に配当することができないだけで、事業を行って得た利益を法人の活動費用に充てることは何ら差し支えありません。 非営利だから ネットバンキングを通して国内銀行へ送金する と勘違いされる方もいらっしゃいますが、それは違います。 事業を行って役員に報酬を払っても構いませんし、従業員を雇うこともできます。 ただし、 お金が余っても配当はできず、法人の事業目的達成のための活動費用に充てる ことになります。 一般社団法人には「非営利型の一般社団法人」と「普通型の一般社団法人」がありますが、非営利法人という意味においては、非営利型・普通型どちらにも該当します。 *参考ページ: 一般社団法人とは?. 役員の3分の1規定って何ですか? 今までの社団法人・財団法人はどうなりますか? NPO法人と一般社団法人は何が違うのですか?. 一般社団法人は認証制ではないため、法務局に登記することで設立することができます。また、設立する際には、社員2名と理事1名を揃えればよく、社員と理事は兼任が認められているため、最低社員1名と社員兼理事1名の2名がいればよいのです。このように、 水谷あかね 医師 にできます。. 一般社団法人設立に関することなら 行政書士法人MOYORIC【東京・神戸】にお任せ下さい。 当サイトは「行政書士法人MOYORIC」が運営しております。 弊社は中小企業等経営強化法に基づき 経営革新等支援機関 に認定されております。 *近畿財務局長及び近畿経済産業局長認定. 穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。 出来るだけ安く、簡単に一般社団法人設立手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。今だけ特別に一般社団法人基金キット(19,円)もプレゼント中。. 理事や幹事の親族制限 新公益法人制度の「 非営利型一般社団法人 」においては、 理事に、三親等以内の親族が総数3分の1を超えて含まれてはいけない という理事の親族制限があります。 公益社団法人に関しては、 理事又は監事に、三親等以内の親族が総数の3分の1を超えて含まれてはいけない という理事及び監事の親族制限 があります。 厳密には三親等内の親族以外にも、理事や監事の使用人やその三親等内の親族、法律上は赤の他人でも事実上婚姻関係にある者や、他の同一団体の関係者などが3分の1を超えてはならないとされていますので、 役員構成に関しては注意 が必要です。 なぜ役員の3分の1規定があるのか? 公益法人や非営利型の一般社団法人も、基本的には不特定多数者の利益の増進に寄与すべき法人です。 しかし、相互に特別の関係のある理事が一定割合を超えると、それらの理事により法人が支配される恐れがありますし、監事についても理事に対する監査機能が十分に働かない危険性があります。 従って、親族や特別の関係にある者が一定割合以上を占めないように定められているのです。 ちなみに、監事が1人しかいない場合、総数1名ですので、既に3分の1規定に反してしまうように見えますが、この場合、当規定には抵触しません。 また、監事2名の場合も、その2名が別団体からの受け入れであったり、親族関係者でない場合には問題ありません。 当規定に抵触するのは、同一団体から2名の関係者を監事として受け入れた場合(2分2で抵触)や、3名の監事の内、2名が親族関係にある場合などです。 監事が1名だけの場合や、全く関係ない2名の場合当規定には抵触しません。. 設立専用サポートダイヤル: 【電話受付時間】AM~PM(平日).