Uncategorized

このソリューションに関するお問い合わせ設備点検はタブレットでチェック | |法人様向けタブレット・オーディオ・デジタルサイネージ製品情報【ODS Direct】

タブレットをかざすだけで  「見える」ペーパーレス. 製造現場ではモーター等の機器が屋根裏に格納されており、点検作業が困難な状況であった。 しかし、モーターが故障すると食品の製造がストップし多大な影響があるため、屋根裏に入る危険な定期点検作業が必須であった。. 顧客に納入した装置について、リアルタイムで状況を把握したい要望があった。 また、お客様からも装置の予防保全の要望があったが、これらの解決案としては大掛かりな開発を伴うものとなっていた。. Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション. AR設備保全ソリューションは、タブレットを操作盤・装置・工場にかざすだけ。 リアルタイムな情報をいつ・どこからでも指先で得ることができます。 確実な点検記録とミス防止、設備保全作業全般の効率化、および作業ノウハウの迅速な共有と平準化による効果的な人材育成を実現します。. 導入前 製造現場ではモーター等の機器が屋根裏に格納されており、点検作業が困難な状況であった。 しかし、モーターが故障すると食品の製造がストップし多大な影響があるため、屋根裏に入る危険な定期点検作業が必須であった。 導入後(テスト導入中) タブレットを天井にかざせば、屋根裏にあるモーターの状態が把握できるように設定。 これにより定期点検における危険な作業が減り、作業効率が良くなった。.

導入前 顧客に納入した装置について、リアルタイムで状況を把握したい要望があった。 また、お客様からも装置の予防保全の要望があったが、これらの解決案としては大掛かりな開発を伴うものとなっていた。 導入後 既存PLCのソフトウェア更新無しで、装置情報の取得が可能になった。 事務所での可視化ツールと共に、工場現場でもARを活用した可視化ツールを利用することで、 直感的な状況把握が可能となった。. 適用分野 各種工場における点検記録 設備保守企業 設備点検業務 情報収集業務 保守部隊での利用 情報収集業務 その他アイデア次第. 事例 火力発電所点検への利用 標準構成の「設備点検管理システム」を利用して、点検業務に利用しています。 火力発電所と事務所が隣接しているため、ローカルエリアでのWiFi通信で検査シートなどのダウンロード、アップロードを実施しています。 従来の専用端末での作業に比べ、操作性、視認性に優れた安価なタブレットのため、効率の良い運用ができています。 同じ端末を利用して、昼、夜の点検を実施しています。 点検結果が一元管理できているため、その点検結果を利用して、必要な集計を実施しています。.

風力発電設備点検への利用 標準構成の「設備点検管理システム」を利用して、点検業務に利用しています。 風力発電設備がある場所が山の上が多いため、VPN通信を利用して通信できる場所で、検査シートなどのダウンロード、アップロードを実施しています。 現場まで、常に図面などを持ち歩けないため、図面やマニュアルが必要なときにダウンロードして有効活用ができています。 現地の状況でコメント記入及び写真記録が効率よく利用できています。 作業員が、事務所などに戻る必要が減り、業務効率が良くなっています。.

エレベータ点検業務への利用 「設備点検管理システム」と基盤システムを連携して、メンテナンス員が端末2,台規模で利用しています。 メンテナンス員は、日々点検スケジュールに合わせて、VPN通信を利用してダウンロード、アップロードを実施しています。 通信ができない離島などでの作業を考慮して、必要になる点検シートを常にダウンロードした状態で作業を実施しています。 メンテナンスの記録は、データベースで管理され、審査・承認のルートで管理されます。 タブレット端末は専用端末ではなく、ほかの業務でも利用しているため、共存して利用しています。.

品質記録作成支援業務での利用 大型プラントの点検記録を実施するために、業務に合せたシステム構築を実施しています。 紙(記録用紙)を用いた点検記録に代わり、タブレット端末を用いて、点検記録を実施し、事務所でアップロートして一元管理しています。 測定工具と連携することで、測定条件の自動設定や測定結果の自動取得など、記録取得作業の効率化と、誤入力などのヒューマンエラー防止を図っています。測定工具の識別は、使用工具の種類や校正期限のチェックが行えるため、適切な工具を使用していることを担保できます。 作業者や点検対象、測定工具は、リストからの選択または、RFIDを利用した仕組みで識別します。 点検対象の識別によって、対象機器の取り違いを防止し、記録作業の効率化と、信頼性向上を図っています。 作業者は、端末上で手書きサインを行い、記録として残せる仕組みにしています。. アイデア利用 図面を利用した現地確認など 【利用方法】.

大型設備への付属機器の状況把握など 【利用方法】. 関連リンク 株式会社 日立製作所 販社・特約店 ジェイティ エンジニアリング株式会社. All rights reserved.


織布設備管理・保全(職業情報提供サイト(日本版O-NET)職業紹介動画)  · AR設備保全ソリューションは、タブレットを操作盤・装置・工場にかざすだけ。 設備保全でIoTを活用するには、さまざまな準備・前提が必要です。 書類やタブレットを使わずに目線を逸らさず両手で作業をしたい、作業実績を自動登録したい、作業効率を上げたい そんな現場課題 点検チェックアプリはタブレットやスマートフォンによる点検作業や現場での報告書作成をサポートするアプリケーションです。カンタンに導入できて点検内容入力を効率化し、チェック漏れを防止します。またチェックリストはExcelで更新でき、容易に運用が可能です。 タブレットをかざすと設備状態を表示 メーターなどのiot(モノのインターネット)データとarサーバとの連携機能も提供。設備保全と 本システムで紹介する「設備点検管理システム」は、タブレットを利用した汎用的な仕組みで多くの設備点検に利用できます。
白紙委任状 外国, ダイハツ ハイゼット カーゴ バッテリー 位置, 西宮市 カメレオン 病院
Read More