Uncategorized

カッピングは効果なし?やりすぎは危険?受ける前に知っておくべき3つの注意点!

新 規 整体 骨盤矯正 小顔矯正. 全 員 ボディケア 整体 骨盤矯正 OX脚矯正 小顔矯正. 全 員 ボディケア 整体 骨盤矯正 OX脚矯正 小顔矯正 その他. ようこそ、ゲストさん。 ログインする 会員登録する(無料). ブックマーク ログインすると会員情報に保存できます サロン ヘアスタイル スタイリスト ネイルデザイン.

サロン情報 クーポン・メニュー フォトギャラリー スタッフ ブログ 地図 口コミ 三軒茶屋・二子玉川・溝の口 溝の口 神奈川県 川崎市 川崎市高津区 溝の口 円以下のお手頃メニューがあるサロン 疲れを解消したい 首・肩のつらさを改善したい 体の歪みをとりたい 関東の上質空間にこだわりあり 三軒茶屋・二子玉川・溝の口のポイントが利用できるサロン 肩こり腰痛整体院 溝の口の近隣サロン ホットヨガサロン ラビエ 溝の口店 美デザイン 溝の口店 美. design アクティブ リセット ACTIVE RESET 溝の口 整体 マッサージ ファンディ サワン.

NCCIHは、米国立衛生研究所(NIH)によるHEAL(Helping to End Addiction Long-term SM)イニシアティブに参加しています。HEALは、オピオイド依存症を断ち切ることを支援する長期的な取り組みで、オピオイドに関連した公衆衛生の危機に対処するための新しい方法を見出すことを目指しています。HEALには、腰痛に対するより良い治療法の必要性に取り組むNIHの腰痛研究コンソーシアム(NIH BACPAC)や、高齢者の慢性腰痛に対する鍼治療の研究など複数の研究に出資する、オピオイド処方を減らすための痛みの管理に関する実践的・実装研究(Pragmatic and Implementation Studies for the Management of Pain to Reduce Opioid Prescribing:PRISM)プログラムがあります。. 厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』. ご意見・ご感想 このサイトについて (文献調査委員会と利益相反関連事項) ENGLISH. 一般の方へ TOP 「統合医療」とは? 情報の見極め方 冊子・資料 海外の情報 医療関係者の方へ TOP 「統合医療」とは? コミュニケーション 冊子・資料 海外の情報 統合医療エビデンス TOP 健康食品 コクランレビュー 構造化抄録 旧厚労科研・AMED ご意見・ご感想 このサイトについて ENGLISH.

一般の方へ 医療関係者の方へ 統合医療エビデンス. TOP 「統合医療」とは? 情報の見極め方 冊子・資料 海外の情報. TOP 「統合医療」とは? コミュニケーション 冊子・資料 海外の情報. TOP 健康食品 コクランレビュー 構造化抄録 旧厚労科研・AMED. 海外の情報 腰痛 Low-Back Pain 最新版(英語版オリジナルページ)はこちら 英語版改訂年月(翻訳時):年8月. 鍼治療 、筋電図バイオフィードバック(行動療法)、低レベルレーザー治療、マインドフルネス・ストレス軽減法、プログレッシブリラクゼーション(漸進的弛緩法)、 脊椎マニピュレーション 、 太極拳 、 ヨガ などさまざまな心身療法が、慢性腰痛に有用である可能性が示されていますが、科学的根拠(エビデンス)の質は低い、もしくは中程度です。 鍼治療、 マッサージ療法 、脊椎マニピュレーションが急性腰痛(ぎっくり腰)に対して有効な可能性が示されていますが、エビデンスの質は低いです。 局所的に用いるトウガラシ製剤は、腰痛の緩和に有効な可能性があります。.

上記の心身療法(鍼治療、筋電図バイオフィードバック、低レベルレーザー治療、マッサージ療法、マインドフルネス・ストレス軽減法、プログレッシブリラクゼーション(漸進的弛緩法)、脊椎マニピュレーション、太極拳、ヨガ)は、適切に行えば安全性が高いとされています。しかし、どんな人にもリスクがないわけではありません。補完療法の安全性は、あなたの健康状態や特別な環境(妊娠など)に左右される場合があります。 経口(口から)摂取や局所塗布する ハーブ 製品などの天然物を検討している場合は、天然物が必ずしも安全とは限らず、中には副作用があったり、医薬品と相互作用したりするものがあることを覚えておいてください。. 腰痛の治療に関する臨床診療ガイドライン 臨床診療ガイドラインでは、医療スタッフや患者がどのようなケアを行うべきかについて情報に基づいた決定ができるように支援するために、専門家グループが作成した勧告事項を提供しています。ガイドラインは、科学的根拠(エビデンス)のレビューと、さまざまな治療選択肢の潜在的な有益性と有害性に関する評価に基づいています。ガイドラインは、新しいエビデンスが出るたび頻繁に更新されます。 米国内科学会は、腰痛の治療に関する臨床診療ガイドラインを年に公表しました。このガイドラインでは、慢性腰痛の第一選択治療として、医療スタッフと患者が非薬物療法を用いることを勧告しています。また、急性腰痛に対しては、薬物療法の有無にかかわらず、非薬物療法の使用を勧告しています。複数の補完療法が、急性腰痛、慢性腰痛、もしくはその両方に対する治療選択肢として挙げられています。.

鍼治療とは多くの場合、施術者が身体の特定部位の皮膚に細い針を刺入することによりその部位を刺激するものです。 腰痛に対する鍼治療について7,例以上を対象とした49件の研究に関する年の評価では、鍼治療が急性腰痛に対してある程度の効果があり、慢性腰痛に対しては中等度の効果があることがわかりました。 米国医療研究品質局(Agency for Healthcare Research and Quality:AHRQ)による年のレビューでは、慢性腰痛の治療終了から1カ月以上経過した後の影響について調べました。鍼治療は、偽(擬似的)鍼治療や通常治療などと比較した場合、1~6カ月時点での痛みや機能に対する効果がわずかに高いことがわかりました。また、1件の研究では、12カ月以上経過した後に痛みが大幅に軽減することがわかりました。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛に対する初期治療の選択肢として鍼治療(中程度の質のエビデンスに基づく)が、急性・亜急性の腰痛に対する治療選択肢として鍼治療(質の低いエビデンスに基づく)が挙げられています。 鍼治療による重篤な合併症はまれです。 もっと詳しくお知りになりたい方は、NCCIHの 鍼治療のウェブサイト(英語サイト) をご覧ください。 [eJIMサイト内日本語訳].

バイオフィードバックは身体機能を測定する技術であり、身体機能のコントロールを学ぶのに役立つ可能性のある情報をもたらします。筋肉の緊張を測定する筋電図(electromyography:EMG)バイオフィードバックの一種が、腰痛に対して評価されています。 64例を対象とした3件の研究に関する年のレビューでは、筋電図バイオフィードバックが慢性腰痛の短期的な緩和に役立つとする質の低いエビデンスがあります。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛に対する初期治療の選択肢として筋電図バイオフィードバックが記載されています(質の低いエビデンスに基づく)。 腰痛に対する筋電図バイオフィードバックの悪影響は報告されていません。.

カッピングは、ガラス製、セラミック製、竹製、プラスチック製のいずれかのカップを使用して、皮膚上に吸引力を生み出す施術です。 腰痛に対するカッピングについて例を対象とした6件の研究に関する年のレビューでは、通常治療や投薬よりもカッピングのほうが良い結果でしたが、それぞれの研究で使用されたカッピングの種類が異なったことから比較が難しく、質の低い研究もあったため、研究結果の差が事実かどうかは不明です。 カッピングは、持続的な皮膚の変色、傷跡、火傷、感染症などの副作用を生じる可能性があります。カッピング器具は血液で汚染される可能性があるため、滅菌や消毒を怠ると、血液による感染症が患者の間で蔓延するおそれがあります。 もっと詳しくお知りになりたい方は、NCCIHの カッビングのウェブサイト(英語サイト) をご覧ください。.

ドライニードルは、筋肉にある痛みを生じるしこり(筋膜トリガーポイント)に細い針を直接刺入する施術です。鍼治療で使用されるのと同じ種類の鍼を使用しますが、刺入する部位の選び方が異なります。 腰痛に対するドライニードルについて1,例を対象とした16件の研究に関する評価では、有効な可能性があることがわかりました。しかし、明確な結論に至るほどの質の高い研究ではありませんでした。 ドライニードルによる重篤な合併症はまれです。. 低レベルレーザー治療は光線療法であり、レーザー鍼治療は低レベルレーザー治療の一種です。低レベルレーザー治療が痛みを緩和する作用機序は、よくわかっていません。 腰痛に対する低レベルレーザー治療について1,例を対象とした15件の研究に関するレビューでは、有益な可能性を示すエビデンスがありましたが、比較的短期間(30カ月未満)の痛みに対して高線量のレーザーを照射した場合のみ有益で、鍼治療を伴わない研究でのみ示されました。 年のAHRQによるレビューでは、治療終了から1カ月以上経過した慢性腰痛に対する治療の影響を調べたところ、低レベルレーザー治療に関する研究は1件しかありませんでした。その研究では、1~6カ月後に偽(擬似的)レーザー治療と比較して、レーザー治療のほうが痛みに対する効果がある程度高く、機能に対する効果もわずかに高いことが示されました。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛に対する初期治療の選択肢として低レベルレーザー治療が挙げられています(質の低いエビデンスに基づく)。 米国食品医薬品局(U.

Food and Drug Administration:FDA)は、低レベルレーザー治療器の販売を許可しています。腰痛に対する低レベルレーザー治療の研究では、悪影響を示すエビデンスはみられませんでした。. マッサージ療法は、健康状態の管理や健康増進を目的とした、体の軟部組織に働きかける手技です。 腰痛に対するマッサージについて約3,例を対象とした25件の研究に関する年のレビューでは、痛みを短期的に改善する可能性があることがわかりました。エビデンスの質は低い、もしくは極めて低いものでした。 年のAHRQによるレビューでは、治療終了から1カ月以上経過した慢性腰痛に対する治療の影響を調べたところ、1~6カ月後に偽のマッサージや通常治療と比較して、マッサージ療法のほうが痛みと機能に対する効果がわずかに高いことが示されました。6~12カ月後の効果に関するエビデンスはありませんでした。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、急性・亜急性の腰痛に対する治療選択肢としてマッサージが記載されています(質の低いエビデンスに基づく)。慢性腰痛に対する選択肢としては、マッサージ療法を勧告していません。 マッサージ療法による有害な作用のリスク(危険)は低いと考えられます。 もっと詳しくお知りになりたい方は、NCCIHの マッサージ療法のウェブサイト(英語サイト) をご覧ください。[ eJIMサイト内日本語訳 ].

プログレッシブリラクゼーションとは、体のさまざまな部位の筋肉群を系統的に緊張させたり、弛緩させたりする方法です。肉体的にも精神的にも緊張感を取り除くことを目指しています。 腰痛に対するプログレッシブリラクゼーションについて74例を対象とした3件の研究に関する年のレビューでは、この方法を実践した人の痛みの強さが低下することを示す、質の低いエビデンスがあります。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛の初期治療に対する選択肢としてプログレッシブリラクゼーションが挙げられています(質の低いエビデンスに基づく)。 プログレッシブリラクゼーションなどのリラクゼーション法で、副作用が出ることはほとんどありません。心臓病の人はプログレッシブリラクゼーションを行う前に医療スタッフに相談してください。 もっと詳しくお知りになりたい方は、NCCIHの リラクゼーション法のウェブ(英語サイト) をご覧ください。 [eJIMサイト内日本語訳].

プロロセラピーとは、背中の靭帯に刺激性のある溶液を繰り返し注入して靭帯を強化し、腰痛を軽減させる手技です。 腰痛に対するプロロセラピーについて例を対象とした質の高い5件の研究に関する年のレビューでは、この手技が有用かどうかについて相反するエビデンスが出ています。 腰痛に対するプロロセラピーの研究では、治療後に痛みやこわばりの増強がよくみられましたが、これらの影響は短期的なものでした。. 脊椎マニピュレーションとは、施術者が手や用具を使って脊椎関節に一定の力を加える手技です。力の強さはさまざまですが、強さよりも関節を動かすように力を加えることが重要です。脊椎マニピュレーションは、力を加えない脊椎モビライゼーションとは異なるものです。 急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションについて1,例を対象とした15件の研究に関する年のレビューでは、この治療法が6週間の時点までにわずかに痛みを改善することを示す、中程度の質のエビデンスが示されています。このレビューでは、12件の研究(1,例)で脊椎マニピュレーションが機能を改善することが示されました(エビデンスの質は中程度)。 1,例を対象とした9件の研究に関する年の統合解析では、マニピュレーションやモビライゼーションが慢性腰痛の痛みの軽減や機能改善に有効な可能性があることを示す、中程度の質のエビデンスが示されています。マニピュレーションは、モビライゼーションよりも大きな効果をもたらすと考えられています。 年のAHRQによるレビューでは、治療終了から1カ月以上経過した慢性腰痛に対する治療の影響を調べたところ、偽(擬似的)マニピュレーションや他の治療法と比較して、脊椎マニピュレーションでは1~6カ月後と6~12カ月後の機能および6~12カ月後の痛みに対する効果がわずかに高いことが示されました。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、急性・亜急性の腰痛の治療選択肢として脊椎マニピュレーションが挙げられており(エビデンスの質は低い)、慢性腰痛の初期治療の選択肢としても挙げられています(エビデンスの質は低い)。 脊椎マニピュレーションを受けた後は、施術部位の局所的な不快感や痛みの増強など、一時的に軽度な副作用がみられることが多いです。腰にマニピュレーションを受けた患者で重篤な副作用が発生した例がありますが、実際にその治療が原因であるかどうかは不明です。 もっと詳しくお知りになりたい方は、NCCIHの 脊椎マニピュレーションのウェブサイト(英語サイト) をご覧ください。 [eJIMサイト内日本語訳].

太極拳は何世紀も続く心身療法で、特定の姿勢や穏やかな動きを精神集中、呼吸、リラックスと組み合わせています。 腰痛に対する太極拳について例を対象とした3件の研究に関する年のレビューでは、いずれの研究でも太極拳を10週間以上継続すると有効であることがわかりました。レビューには含まれていない別の2件の研究では、太極拳は少なくとも腰痛に対する他の治療法と同程度の効果があり、無治療よりも優れていました。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛の初期治療に対する選択肢として太極拳が挙げられています(質の低いエビデンスに基づく)。 太極拳は一般的に安全とされています。軽い鈍痛や疼痛が生じることもありますが、深刻な怪我を引き起こすことはまずありません。 もっと詳しくお知りになりたい方は、 太極拳(英語サイト) をご覧ください。.

経皮的電気神経刺激(transcutaneous electrical nerve stimulation:TENS)では、電池式の装置を装着し、痛みのある部位の皮膚に電極を当てます。この装置は、痛みの知覚を修正する可能性のある電気的刺激を生じます。 腰痛や首の痛みに対するTENSまたは干渉波電気刺激と呼ばれる関連技術について、例を対象とした9件の研究に関する年のレビューでは、これらの施術が有用であるかどうかについて結論は得られませんでした。 TENSの副作用として、電極を貼る部位の皮膚に炎症や発疹を生じることがあります。TENSを行う前に、あなたにとって安全かどうか、かかりつけの医療スタッフに確認してください。妊娠中の女性、てんかんなど特定の健康上の問題がある人、ペースメーカーなど植え込み型医療機器を使用している人は、TENS装置を使用しないでください。.

アメリカで行われているヨガでは、一般的に身体の姿勢、呼吸法、瞑想を重視しています。 腰痛に対するヨガについて1,例を対象とした12件の研究に関する年のレビューでは、運動を伴わない介入と比較した場合、ヨガは3ヶ月後と6カ月後の腰に関連する機能に小から中程度の改善をもたらし、痛みに対する効果もわずかに高い可能性があると結論付けました。腰痛や機能に対する効果について、ヨガと運動に違いがあるかどうかは不明でした。 年のAHRQによるレビューでは、治療終了から1カ月以上経過した慢性腰痛に対する治療の影響を調べたところ、対照群(ヨガプログラムの待機リストに載っている人など)と比較して、ヨガ群では1~6カ月と6~12カ月の時点で、痛みに対する効果が中程度大きく、機能に対する効果もがわずかに高いことがわかりました。 腰痛治療に関する米国内科学会の臨床診療ガイドラインには、慢性腰痛の初期治療に対する選択肢としてヨガが挙げられています(質の低いエビデンスに基づく)。 ヨガは、資格を持ったインストラクターの指導のもとで適切に行えば、健康な人には一般的に安全とされています。しかし、他の運動と同様に、怪我をすることもあります。健康上のある人、高齢者、妊娠中の女性は、いくつかのヨガのポーズや実践を控えたり修正したりする必要があるかもしれません。 もっと詳しくお知りになりたい方は、 NCCIHのヨガのウェブサイト(英語サイト) をご覧ください。.

経口(口から)摂取または局所使用(皮膚に塗布)するさまざまなハーブ製品が、腰痛に対して研究されています。局所使用するトウガラシ製剤が、痛みを軽減するというエビデンスがあります。有益とみられる他のハーブ製品には、経口摂取するデビルズクローやヤナギの樹皮、局所使用されるコンフリー、ブラジル産アルニカ、ラベンダーオイルなどがあります。 ハーブ製品には、副作用があったり医薬品と相互作用したりするものもあり、注意が必要です。腰痛を緩和する目的でハーブ製品を検討中、もしくは使用中の人は、安全性についてかかりつけの医療スタッフに相談しましょう。.

Information on back pain (腰痛に関する情報)(英語サイト). Pain: Considering Complementary Approaches (疼痛:補完療法を考える)(英語サイト) eBook Yoga for Health(健康のためのヨガ)(英語サイト) (eBook). 慢性疼痛に対する心身療法 Noninvasive Treatments for Acute, Subacute, and Chronic Low Back Pain: A Clinical Practice Guideline(急性・亜急性・慢性腰痛に対する非侵襲的治療臨床診療ガイドライン)(英語サイト) (米国内科学会誌).

鍼治療 脊椎マニピュレーション ヨガ. Anheyer D, Haller H, Barth J, et al. Mindfulness-based stress reduction for treating low back pain: a systematic review and meta-analysis(英語サイト). Annals of Internal Medicine.

Chou R, Deyo R, Friedly J, et al. Nonpharmacologic therapies for low back pain: a systematic review for an American College of Physicians clinical practice guideline(英語サイト). Coulter ID, Crawford C, Hurwitz EL, et al. Manipulation and mobilization for treating chronic low back pain: a systematic review and meta-analysis(英語サイト). Spine Journal. Furlan AD, Giraldo M, Baskwill A, et al. Massage for low-back pain(英語サイト). C ochrane Database of Systematic Reviews. Accessed at www. com(英語サイト) on March 7, Gagnier JJ, Oltean H, van Tulder MW, et al.

Herbal medicine for low back pain: a Cochrane review(英語サイト). Hu H-T, Gao H, Ma R-J, et al. Is dry needling effective for low back pain? A systematic review and PRISMA-compliant meta-analysis(英語サイト). Kong LJ, Lauche R, Klose P, et al. Tai chi for chronic pain conditions: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials(英語サイト). Scientific Reports. Paige NM, Miake-Lye IM, Booth MS, et al.

Association of spinal manipulative therapy with clinical benefit and harm for acute low back pain. Systematic review and meta-analysis(英語サイト). Qaseem A, Wilt TJ, McLean RM, et al. for the Clinical Guidelines Committee of the American College of Physicians. Noninvasive treatments for acute, subacute, and chronic low back pain: a clinical practice guideline from the American College of Physicians(英語サイト). Meta-analysis of transcutaneous electrical nerve stimulation for relief of spinal pain(英語サイト).

European Journal of Pain. Wang Y-T, Qi Y, Tang F-Y, et al. The effect of cupping therapy for low back pain: a meta-analysis based on existing randomized controlled trials(英語サイト). 当院では、カッピングの吸引に機械を使っておりますので、陰圧の強弱を均一にすることができます。 カッピング治療による全身の細胞が活性化は、様々な体の不調を改善していきます。.

そのお悩みを カッピングで解消! 鍼が苦手な方、マッサージでコリの取れない方に、カッピング治療!. 銀座ときた鍼灸治 療院は カッピングを 癒しではなく、 治療に 取り入れている 数少ない鍼灸治療院です. 吸いつきにくい足の裏や首でも、機械で吸引を持続させることでカッピングできます。 女性に人気のカッピングメニューは ここをクリック!!.

今まで身体の疲れはマッサージでほぐしてもらっていました。でも、 マッサージでは翌日揉み返し ・・・ということがありました。 試しに カッピング をうけてみたら、今まで感じたことのない気持ちよさで、 身体の疲れもすっきり ! 今、ちょっとしたマイブームです。. 当院では、溢血斑(カッピング跡形)のについて患者様の了解のもと、 血行促進・筋肉のこりの改善にカッピング療法 をお勧めしています。. カッピング(吸い玉)の効果の中で、一番の特徴は 血液の浄化と血行の促進 です。. 健康を保つ上で大切な役割を果たしているのが血液です。私たちは 血液を常にきれいにサラサラに 保たなければいけません。. これで流れの悪かった血管も開き、血行の障害が取り除かれます。血管に湯垢のように付きはじめたコレステロールなどがきれいに洗い流されるので、 動脈硬化を予防 できます。. 吸玉の影響は深部まで 及びますから、 深部の鬱血やお血(滞った血液)を表面の皮膚近くまで誘い出 し、きれいにすることができます。. 血液が運び出す老廃物の大部分は腎臓で分離され、尿として排出されますが、皮膚からも汗や皮脂に混ざって排出されます。 炭酸ガスを強制的に体外に排泄し、新鮮な空気を取り込 みやすい状態を作るのも吸玉療法の一つの作用です。.

皮膚を吸引すると炭酸ガス以外に血球成分がさん出し、血管や 細胞、細胞間の組織が陰圧で膨張し、皮膚表面近くに引き上げられます。 その結果、カップを外すと一時的に膨らんだ血管内に血流が蘇り、以前にも増して血流が盛んになります。これが血流の改善をはじめ周囲組織の治癒機転を改善します。.

新しい血液の循環は新鮮な酸素と栄養を運び込みます。 不要な炭酸ガスや老廃物を回収 し、その結果 全身の血流が改善 されます。. カッピングは、胃や腸など消化器にも影響を与えます。「血行促進」による間接的な効果とともに、 胃や腸の蠕動動運動を助 け、消化液の分泌を活発にして 消化・吸収・排泄の機能を強める働き があります。. カッピングには、 浄血、血行促進のほかにもうひとつ重要な役目として、神経系への刺激があります。.

カッピングの神経系への刺激は、異常な緊張をときほぐしリラックスさせる効果 があります。. 神経を正常に働かせることによって、 浄血、血行促進といった 効果が一段と増幅されることになります。.


【ヘルニア 整体 超長い鍼】最悪の9年悩む腰痛、動かないガチガチの腰に史上最長30cmの鍼で鍼灸師に鍼灸師が治療。かなりヤバかった。【ブレア銀座・ブレア元町】
スパクロ アヤメ 浴衣, 海田 広島駅, 子宮 筋腫 手術 名医, 大阪市チンチラ病院
Read More