自立支援医療(精神通院医療)/精神保健福祉センター

このページへのお問合せ


ただし、「高額治療継続者(重度かつ継続)」として申請する場合は、別途、意見書の添付が必要な場合があります。 ※有効期間の開始日が平成22年4月1日以降の継続(更新)申請を行う場合は、自立支援医療診断書(精神通院)の提出が「2年に1度」となります。 受給者証の自己負担上限額が「20,円」となっている方、すなわち、一定所得以上(市町村民税の所得割の額が23万5千円以上の世帯に属する方)の高額治療継続者(いわゆる「重度かつ継続」)については、国による“経過的特例”として、自立支援医療(精神通院)の適用は令和3年3月31日までとなっており、令和3年4月1日以降も本経過的特例を延長する予定としておりましたが、国の関連政令が改正 5 自立支援医療の経過的特例について. 自立支援医療の「重度かつ継続の一定所得以上」及び「育成医療の中間所得」の区分については、平成24年3月31日までの経過的特例とされていましたが、平成27年3月31日まで延長いたしました。 経過的特例措置については、平成18年の障害者自立支援法創設当時から設けられ、これまで3年間の経過的特例措置を4回延長し、期限は令和3年3月31日までとなっている。 自立支援医療費(精神通院)における「重度かつ継続」の考え方 「重度かつ継続」の要件 ①主たる精神障害が コードのF0~F3icd 及びG40に該当すること。 ②上記①に該当しない( コードが ~icd f4 f9)場合、以下のA、B両方に該当す ると、3年以上の精神

キャノンデール 中古 激安