Uncategorized

ジャパンナレッジで閲覧できる『第二次世界大戦』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

一方、ソ連では、 年 5 月 9 日にナチス・ドイツに対する戦勝が伝えられると、皆が自発的に表に繰り出し、お祭り騒ぎとなりました。祝砲が鳴り響く中、人々は誰彼となく抱き合い、涙を流しては、勝利を喜び合ったのです。ヨーロッパ戦線が終結したとはいえ、このあと対日戦争が続くことになるのですが、ソ連の人々にとっては、 5 月 9 日をもって実質的に第二次大戦が終わったという感覚でしょう。. さて、当時の最高指導者スターリンは、国民が対独戦勝に沸いたこの 5 月 9 日を、国の祝日に指定しました。 年から 年にかけて、祝日ではない単なる記念日に格下げされていた時期もありましたが、戦勝 20 周年を記念して 年に祝日として復活、今日のロシアでも一年で最も重要な祝日となっています。. 実は、ドイツによる降伏文書の調印にはちょっとした経緯があり、その受け止め方の違いから、欧米諸国は 5 月 8 日を対独戦勝記念日にしています。ロシアでも、「諸外国と同じように、 5 月 8 日を戦勝記念日にした方がいいのではないか」という議論が、時折聞かれます。しかし、 年 5 月 9 日に、人々が歓喜のあまり表に飛び出して、心から喜びを分かち合ったことが、この祝日の原点です。もう何十年もその日付で祝われてきたわけですし、今さらそれが変更になることはまずないでしょう。.

HOME World Now 第二次世界大戦の始まりと終わり 日本とロシアの意識はこんなにも違う. 関連するテーマ    私たちの社会 『ベトナムを知れば見えてくる日本の危機』著者の元大使が語る日本の課題 カクテルはバーだけのものではない 普及を後押ししたのは家庭の女性たちだった 【慎泰俊】社名は二宮尊徳の教え 世の不条理をビジネスで解決するネクストユニコーン 情報汚染の時代を生き抜く 日本の医療の明日につながるクリティカルシンキング.

VIEW ALL. 編集部おすすめ World Now 彼らは私たちだ いま若者が外国人支援に動く理由 一部の「意識高い系」だけじゃない 共生 大学. 東京オリンピック 食糧問題 食品ロス スポーツ. 格差 コロナの時代を生きる はたらく. 反ファシズム運動 ファシズムと戦争の危険に対して、いち早く警鐘を打ち鳴らしたのは、ヨーロッパの知識人であった。すでに年、アンリ・バルビュスはロマン・ロランと、イタリアのファシズムに反対して国際反ファシズム委員会をつくり、年にはアインシュタインらと最初の反ファシズム大会をベルリンで開催していた。年8月には、ロランとバルビュスによる世界反戦大会がアムステルダムに開かれ、戦争とファシズムに反対する決議を採択した。ドイツでナチズムが勝利し、パリにファシスト暴動が起こり、オーストリアにドルフース独裁が出現するなど、各国でファシズム勢力の攻勢がみられ、戦争の危機が切迫すると、知識人や労働者の活動も活発になった。年6月、パリに第一回文化擁護世界大会が開かれ、ファシズムと戦争に反対する知識人の国際的連帯が呼びかけられた。 共産党の指導を通じて世界の労働運動に大きな影響力をもつコミンテルンでも、ナチズムの成立を阻止できなかった苦い経験を反省し、これまでの戦術が再検討された。年夏のモスクワでのコミンテルン第7回世界大会では、ファシズムから民主主義を救い、戦争に反対するため、広範な民主主義的勢力を結集する人民戦線戦術が採択されたのである。こうしてスペインでは、年2月の総選挙を前に共和主義諸党と社会党、共産党などとの間に人民戦線協定が結ばれ、総選挙の勝利ののち、共和諸党からなる人民戦線政府が成立し、社会党、共産党はこれを閣外から支持した。フランスでは年6月、左翼政党、労働組合を中心に人民連合という名称の人民戦線が成立し、年5月の総選挙で大勝すると、同年6月、人民戦線政府が成立し、共産党はこれに閣外から協力した。 [吉田輝夫].

スペイン内戦 年7月、スペインで人民戦線政府に対するフランコ将軍の反乱が勃発した。ドイツ、イタリアはただちにフランコに軍事援助を与えた。ヒトラーはスペインに経済的・戦略的拠点を得ようとしたが、イギリスの動向にはとくに注目を怠らなかった。スペイン人民戦線政府からの要請にこたえ、フランス人民戦線政府は援助を決定した。だが、スペイン内戦が独伊対英仏の戦争に発展するのを恐れたイギリスは、フランスに圧力をかけ、ともに「不干渉」政策をとることにした。同年9月、独伊を含む不干渉委員会が組織されたが、独伊の反乱軍援助は強化される一方で、国外からの援助が得られないスペイン政府は苦境に陥った。ソ連(当時)はこれを不当であるとし、政府軍への武器援助を公然と開始した。国際的な反ファシズム運動も人民戦線を支持した。ここにスペイン内戦は、英仏の宥和(ゆうわ)政策に鼓舞された独伊と、これに対する人民戦線・ソ連、つまりファシズム対民主主義の戦争という性格を帯びるに至った。第二次大戦の基本的対抗関係が早くもここに認められる。 イギリスの不干渉政策は、実質上、独伊に「宥和」的であったから、ヒトラーは年夏リッベントロップを駐英大使に任命し、英独同盟の実現に努める一方、同年8月経済4か年計画に着手した。その目的は、4か年以内にドイツ軍の戦争準備を整えること、およびドイツ経済を戦時経済に移行させることであった。エチオピア侵略、とくにスペイン内戦でのフランコ援助によって、イタリアは英仏との対立を深め、ドイツに急速に接近する。年11月ムッソリーニはミラノでの演説において独伊「枢軸」を誇示した。同月には日独防共協定が結ばれ、日独伊のファシズム連合はここに明瞭(めいりょう)に姿を現した(年11月イタリアも防共協定に参加した)。 [吉田輝夫].

日中戦争 日本は「満州国」を成立させると、その開発に努めるが、軍事的観点からする「日満経済ブロック」はすぐに行き詰まった。「満州ブーム」の後退とともに、華北に対する関心が増大する。日本軍の華北侵略の危機が高まるなかで、年8月中国共産党は「抗日救国のために全同胞に告げる書」(八・一宣言)を発表し、内戦を停止して抗日救国にあらゆる力を結集するよう訴えた。これは広範な民衆の共感をよび、抗日救国運動は急速に拡大した。だが、国民政府は「抗日七君子」の逮捕にみられるようにこれを弾圧し、年12月蒋介石(しょうかいせき)が「剿共(そうきょう)」督励のため西安を訪れると、張学良はこれを逮捕し、中国産党共代表周恩来の仲介で、蒋介石に内戦停止、国共合作、武装抗日を認めさせた。こうして抗日民族統一戦線が形成され始めると、危機感を抱いた日本の軍部は華北の兵力を増強し、年7月7日の盧溝橋(ろこうきょう)事件をきっかけに日中戦争に突入した。 このころ、欧米の関心はスペインに注がれていた。イギリスはドイツの脅威に直面し、東アジアでは対日宥和の方向をたどった。アメリカでは、孤立主義的傾向の強まるなかで「不承認主義」の原則は風化した。フランクリン・ルーズベルト大統領が年10月5日シカゴでの演説で、日独の侵略を非難し、この「隔離」を強調しても、国内では孤立主義の強化をもたらしたにすぎない。かくて、11月のブリュッセル九か国条約会議で中国代表が具体的な対日措置を訴えても、英米仏は消極的態度をとるにとどまり、会議はなんら成果をもたらさなかったのであった。 [吉田輝夫].

ミュンヘン協定 年11月初め、ヒトラーは軍首脳と外相に重大な政策の宣言をした。ドイツの軍事力が優位を保つ~年までに「生存圏」Lebensraumを獲得するため、まずチェコスロバキアとオーストリアとを打倒する、というのである。そして翌年初め、世界戦争を危惧(きぐ)する軍首脳を更迭し、自ら国防軍を統帥するとともに、外相にリッベントロップを任命した。イタリアとの「枢軸」形成によって、ドイツ・オーストリア「合邦」最大の障害も除去された。かくて年2月ヒトラーは、オーストリア首相シューシュニクに最後通牒(つうちょう)を突きつけ、3月これを「合邦」した。次はチェコスロバキアである。ここでは、まずズデーテン地方のドイツ人の自治運動を扇動させ、年9月12日ヒトラーはニュルンベルク党大会でこの地方を武力によっても併合するという強い意志を表明した。戦争の危機を前に、15日イギリスの首相ネビル・チェンバレンはヒトラーを訪れ、ズデーテン・ドイツ人の自決権を認めることを了解し、フランスとともにチェコスロバキア政府に圧力をかけた。22日、ふたたびチェンバレンがヒトラーを訪れると、ヒトラーは要求をつり上げ即時占領を要求し、9月28日を期限にドイツ軍は進撃すると脅迫した。ここでムッソリーニが介入し、ヨーロッパの仲買人の姿勢をとり、9月29、30日、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアの四国会談をミュンヘンに招集し、ヒトラーの要求をいれ、ズデーテン地方をドイツに割譲するというミュンヘン協定を成立させた。小国を犠牲にして侵略者と妥協するミュンヘンの平和を、チェンバレンは「わが時代の平和」と自賛した。 [吉田輝夫].

ドイツのポーランド侵攻 年9月1日ポーランドに侵攻したドイツ軍は、2週間足らずでポーランド軍主力を撃破した。これは空軍と機甲部隊との緊密な連携に基づく電撃作戦の成功によるもので、騎兵に依存する時代遅れのポーランド軍はひとたまりもなかった。このような状況を前に同月17日、ソ連軍はロシア民族保護の名目で突如ポーランドに侵入し、ブク川の線まで兵を進め、同28日独ソ境界・友好条約を締結し、両国間でポーランドを分割した。続いてソ連は9月末から10月初めにかけて、エストニア、ラトビア、リトアニアとそれぞれ相互援助条約を結び、軍事的拠点を確保した。ポーランド政府はルーマニアに亡命するが、ドイツの圧力で拘禁された。同月30日パリにシコルスキー亡命政府が成立し、イギリス、フランス、アメリカの承認を得、やがてポーランドは10万の亡命軍を擁するに至る。 [吉田輝夫].

ソビエト・フィンランド戦争 ソ連はさらに年10月初め、フィンランドに対して、ハンコ島の租借と、レニングラード周辺地域およびカレリア地峡の一部を他の地域と交換するよう要求したが、交渉は決裂し、11月30日フィンランドに侵入した(冬戦争)。フィンランド国民はよく抵抗し、ソ連軍は苦戦を強いられた。この戦争での苦戦、また~年に行われたソ連軍首脳の大粛清から、のちに、ドイツのみならず英米の軍部はソ連軍の戦力を過小評価し、年6月の独ソ戦争の際、ソ連軍の抗戦力を2~3か月と判断することになる。 年12月14日、ほとんど有名無実となっていた国際連盟は、ソ連を「侵略者」と認めて除名した。英仏はフィンランド援助のため兵力を派遣しようとした。ソ連もフィンランドも戦争の早期終結を望み、年3月12日休戦協定が成立し、ソ連はその要求を実現した。フランスでは、フィンランド援助計画の失敗から、ダラディエにかわりレイノー内閣が成立した( ドイツのデンマーク・ノルウェー侵略 英仏のフィンランド援助計画は、一面では、ナルビクなどノルウェー諸港を確保し、スウェーデン鉄鉱石を押さえ、ドイツ軍需工業に打撃を与えようとするものであったから、年4月、ドイツは機先を制し、デンマークを占領すると同時にノルウェーに侵入し、英仏軍を撃退した。この成功は、ノルウェー陸相クビスリングの通謀によるところ大きく、以後クビスリングとは「祖国を売る者」を意味するようになる。イギリスでは、ノルウェーでの失敗の責任を問われ、年5月10日チェンバレン内閣が倒れ、対独強硬論者チャーチルが労働党を含む挙国内閣を組織した。この日、ドイツ軍は西部戦線で攻撃を開始した。 [吉田輝夫].

フランスの降伏 年5月10日、ドイツ軍は第一次世界大戦時と同様、中立を侵犯してベルギー、オランダ、ルクセンブルクに侵入した。連合国軍は不意をつかれ、5月15日オランダ軍は降伏し、オランダ国王と政府はロンドンに亡命した。同月19日、ドイツ軍はイギリス海峡に達し、英仏軍を南北に分断した。28日ベルギー国王は軍とともに降伏した。北部に孤立した英仏軍33万は、6月4日までにダンケルクからイギリス本土に撤退した。翌5日、ドイツ軍はパリに向け総攻撃を開始し、14日パリを占領した。この情勢をみてイタリアは、6月10日にわかに参戦するが、軍事的に有効な作戦を展開しなかった。フランス首相レイノーはルーズベルトにアメリカの即時参戦を懇望するが、ルーズベルトは孤立主義的世論の強まるなかでこれにこたえられるはずもなかった。イギリス首相チャーチルは「英仏連合」を提案し、フランス艦隊を率い北アフリカ植民地に逃れ、ここを拠点とする徹底抗戦を勧めるが、レイノー内閣はこれを拒否し、同月16日総辞職した。かわってペタン元帥が首相となり、翌17日降伏を申し入れた。休戦協定は、6月22日、第一次世界大戦でドイツが降伏したときと同じく、コンピエーニュの森に置かれてある鉄道車両の中で調印された。この結果、フランス本国の約3分の2はドイツ軍の占領下に置かれ、南部の残りの地域は「自由地帯」として植民地とともに、ビシーに移ったペタン政府にゆだねられた。7月10日、第三共和国憲法は廃止され、ペタンは国家元首となり、ファッショ的な体制が樹立された。一方、降伏と同時に亡命したドゴール将軍は、ロンドンに「自由フランス」を設立し、国民に対独抗戦を訴えた。 [吉田輝夫].

イギリスの戦い フランスを打倒したヒトラーは、イギリスとの妥協の平和を期待した。イギリスは帝国の維持が保障されたら、ドイツのヨーロッパ大陸支配を認めるであろう、こう思ったのである。だが、チャーチルの抗戦の意志は堅く、年7月19日ヒトラーが平和を呼びかけたときも、これを一蹴(いっしゅう)した。ナチズムとは妥協の余地はないというのである。政治的に妥協できなければ、軍事的に屈服させる以外にない。このためもっとも有効な手段はイギリス本土上陸作戦(「あしか作戦」)であるが、これは制空権の獲得を前提とする。こうして、ヒトラーは「あしか作戦」の準備を7月16日に命ずるとともに、8月13日ゲーリングの指揮をもってイギリス空軍に対する攻撃を開始した。その目的は制空権掌握にあったから、イギリス戦闘機の撃墜、空軍基地・軍需工場の爆撃に重点が置かれた。だが、イギリスの沿岸レーダー網はよく整備され、空軍も性能や装備・訓練において優れていたので、ドイツ空軍は容易に目的を達成できなかった。9月7日ロンドン爆撃が始まり、11月14日コベントリー空襲以後、都市への夜間の無差別爆撃に方針が転換されるが、これは軍事的圧力から経済的・心理的圧力への戦術転換を意味する。事実ヒトラーは10月12日、「あしか作戦」を翌年の春まで延期すると決定していた。 [吉田輝夫].

大西洋憲章 年5月、チャーチルは首相に就任すると、対独徹底抗戦を続けるため、ルーズベルトに武器援助を要請した。ルーズベルトはただちにこれにこたえるが、これは、アメリカが対英援助を通じてヨーロッパ戦争に介入することを意味した。しかもフランス敗北後、国内の孤立主義的傾向も弱化していた。同年11月ルーズベルトは大統領に三選されると、対英援助を強化した。年3月武器貸与法を成立させ、実質上武器を無償供与することにした。これは、のちにあらゆる反ファシズム勢力に適用され、アメリカは「民主主義の兵器廠(しょう)」となるが、武器援助を通じて、被援助国の戦略、したがって政略をも左右しうるようになる。ついで対英供給物資の輸送路確保のため、年7月アイスランドを占領した。さらにアメリカ海軍が英米商船を護送し、枢軸国船を発見しだいイギリス海軍に「通報」するとしたが、のちには「必要とあらば発砲」するとエスカレートした。これはすでに「中立」とはいえない。ヒトラーは、この「参戦への挑発」にのらぬよう海軍に厳命した。まだアメリカとの全面対決の時期でないとしたのである。 年8月9~12日、チャーチルとルーズベルトは大西洋上で会談した。ここでチャーチルは、アメリカを参戦させようとし、日本の侵略に対する強硬な態度を求めた。日本が退けばイギリスの権益は擁護されるし、日米が衝突すればアメリカ参戦となるからである。だが、ルーズベルトはヨーロッパ第一主義を守り、日米関係については明確な態度を避けた。この会談で「大西洋憲章」がまとめられ、英米両国の戦争目的および戦後処理の一般原則が明らかにされた。ソ連その他はただちに憲章の支持を表明した。 [吉田輝夫].

大東亜共栄圏 戦争が長期化し拡大するなかで、日本は総力戦体制を確立するが、植民地でも人的・物的資源の総動員が強行され、支配はいっそう強化された。朝鮮・台湾では「内鮮一体化」「皇民化」の名の下に人民統制が進められ、労働力さらに兵力として徴発された。「満州国」経済も、日本戦時経済体制への従属をいっそう深め、崩壊の危機に瀕(ひん)した。中国では、行き詰まった日中戦争打開のため、重慶(じゅうけい)の国民政府との和平を図ったが進展せず、南京(ナンキン)に樹立した汪兆銘(おうちょうめい)政権を正式に承認したが、これは中国民衆の反日抗戦をいっそう強化したにすぎない。日本軍は、進攻作戦よりも占領地域の治安維持に兵力を向けざるをえなくなった。 南方占領地は、「さしあたり」軍政下に置かれた。軍政とは、艦隊司令長官または軍司令官が治安を維持し、石油など戦略物資の獲得に努め、現地軍の自活を確保するための軍事独裁体制であった。年1月、東条英機首相は「大東亜共栄圏」建設の構想を示し、欧米帝国主義の軛(くびき)からのアジアの解放をうたったが、「大東亜共栄圏」とは、欧米帝国主義にかわる新たな日本帝国主義の植民地支配体制にほかならなかった。年5月の「大東亜政略指導大綱」では、「マライ、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、セレベスは帝国領土と決定し重要資源の供給地として極力これが開発並びに民心把握」に努めるとされていた。もっとも他方では、汪兆銘政権を育成し、ビルマ(現ミャンマー)、フィリピンの独立を図り、スバス・チャンドラ・ボースの自由インド仮政府を承認するが、これらはいずれも日本帝国主義のアジア支配を覆い補強する限りで利用されたのである。「大東亜共栄圏」の実態は、年11月の東京での大東亜会議に明らかである。参加したのは、ビルマ、インド、フィリピン、「満州国」、汪政権にすぎず、唯一の独立国タイは首相名代の出席にとどまった。欧米帝国主義を放逐した日本に対する期待が、過酷な軍政によって裏切られるとともに、反日抵抗運動が生まれ、この抵抗を通じてアジアの民族運動は新たな段階に入った。 [吉田輝夫].

戦局の転換(太平洋戦争) 年、太平洋での戦局も転換した。すなわち、日本は、第二段作戦としてアメリカとオーストラリアを「遮断」しようとしたが、年6月のミッドウェー海戦で重大な打撃を受けた。日本海軍機動艦隊の主力は失われ、太平洋での戦略的主導権はアメリカに移った。ついで8月、アメリカ軍はガダルカナル島に上陸、激戦のすえ年2月、日本軍は敗退した。以後アメリカ軍の反攻は目覚ましく、ニューギニア、ソロモン群島から、同年秋にはギルバート諸島、マーシャル群島に向かって戦闘が展開された。年3月、ビルマの日本軍は、インパール作戦によってインドに侵入しようとしたが、7月大敗した。マリアナ諸島に迫るアメリカ軍もこの7月、サイパン島を占領し、日本本土空襲の基地を得た。この責任を問われて東条内閣は辞職し、7月小磯国昭(こいそくにあき)内閣が成立した。太平洋方面総司令官マッカーサーは、フィリピン奪回のため、10月レイテ島に上陸した。日本海軍はレイテ湾のアメリカ艦隊の撃滅に全力をあげたが、失敗した。中国戦線でも、年から年には重大な変化がみられ始めた。中国共産党の八路軍、新四軍によって華北や華中に「解放区」がつくられ、日本軍はようやく点(都市)と線(鉄道)を確保するにすぎなかった。 [吉田輝夫].

日本の降伏 年夏、アメリカ軍はマリアナ諸島を占領すると日本本土爆撃を計画し、年11月以来爆撃機Bによる空襲を始めた。年3月10日の東京大空襲では下町一帯が焼け野原となり、死者は約8万人に達した。年2月、アメリカ軍は硫黄島(いおうとう)に上陸し、1か月もの激戦ののち日本軍は「玉砕」した。4月には沖縄本島に上陸。3か月に及ぶ沖縄戦も日本軍の壊滅に終わったうえに、県民非戦闘員の死者は約9万人に上り、きたるべき本土決戦の悲惨な様相を暗示した。4月7日鈴木貫太郎内閣が成立すると、国民には本土決戦を呼びかけながら、ひそかにソ連に和平仲介を求める交渉を始めたが、進展するはずもなかった。7月26日、米英中は「ポツダム宣言」で対日処理方針を示すとともに、無条件降伏を要求した。日本がこれを「黙殺」したこともあり、アメリカは8月6日広島に、9日長崎に原子爆弾を投下した。2発の原爆による死亡者数は約34万人と推計されている。 日本はソ連への和平仲介工作に期待をかけていたが、8月8日ソ連は日本に宣戦布告した。同9日ソ連軍は「満州」に進撃した。関東軍はたちまち崩壊し、取り残された日本人居留民には悲劇がもたらされた。ここに日本の最高指導層も降伏を決意し、10日、天皇の国家統治の大権を変更しないとの了解事項を付してポツダム宣言を受諾することに決した。これに対しアメリカは、英ソ中の承認を得て、天皇の権限は連合国軍最高司令官に従属するとの回答を示した。これは間接的に天皇の地位を認めるものであったが、主戦論者は「国体護持」を理由に、この回答ではポツダム宣言は受諾できないと反対した。かくて14日御前会議が開かれ、昭和天皇の裁断でポツダム宣言の受諾を決定し、15日天皇は詔書を国民に放送した。 日本降伏とともに、日本占領連合国軍最高司令官となったマッカーサーは、年8月15日、占領地域を割り当て、ソ連には「満州」、内蒙古(うちもうこ)、38度線以北の朝鮮、南樺太(みなみからふと)をゆだねた。これはソ連を日本本土の占領から排除することを意味する。スターリンが北海道北半の占領を希望すると、トルーマンはこれを退け、アメリカ軍だけで日本本土を占領する意思を表明した。 [吉田輝夫].

戦争被害 第二次世界大戦は、文字どおり世界を戦場とし、世界のほとんどの国を巻き込んだ。動員兵力約1億万人、戦死者約万人、民間人犠牲者約万人、戦傷者約万人といわれる。このうちソ連の犠牲がもっとも大きく、戦死者約万人、民間人を含めて約万人、全人口の10分の1以上であった。中国は死者約万人以上といわれる。ついでポーランドが、死者約万人、戦前人口比率17%でもっとも高く、うち戦死者は2%で、圧倒的多数は民間人の犠牲者であった。第一次世界大戦と比べると、交戦国2倍、動員兵力2倍、戦死者5倍、民間人犠牲者50倍、戦傷者2倍、直接戦費6倍といわれる。戦争による物質的損害は、ソ連の一例から推測されるように莫大(ばくだい)なものであった。 ポーランドの例が端的に示すように、第二次世界大戦の性格は民間人の犠牲者が多いことにも反映している。ナチス・ドイツの人種論的絶滅政策のため約万人のユダヤ人が殺害されたが、これはドイツ支配下のユダヤ人の70%といわれる。もちろんロシア人も殺害された。さらにドイツ人植民のためのスラブ系住民の放逐政策、労働力不足を補うための労働力徴発政策に伴う犠牲者もいる。パルチザンを含む抵抗運動の犠牲者も少なくなかった。また、広島・長崎への原子爆弾投下(死者約34万人)、ドレスデン空襲(年2月13日、死者約13万人)にみられるように、第二次世界大戦は非戦闘員を除外しないジェノサイド〔大量殺戮(さつりく)〕戦争であった。 [吉田輝夫].

戦争責任の追及と民主化 この大戦のもう一つの特質は、最初から戦争責任の所在が明瞭(めいりょう)であったことにある。日本、ドイツ、イタリアは国内でファシズム化を推進しつつ対外侵略に乗り出したからである。連合国は、ニュルンベルク国際軍事裁判、極東国際軍事裁判その他で、戦争犯罪人を追及するとともに、日本、ドイツを占領し、民主的改革を遂行した。この過程で伝統的支配層が弱化したことは否めない。 [吉田輝夫]. 平和条約 米ソを両極とする両体制の対立が激化した「冷戦」のなかで平和条約の締結は容易でなかった。年7~10月のパリ平和会議ではトリエステ問題をめぐって米ソが対立し、年2月10日、ようやくイタリア、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリア、フィンランドに対する講和条約が調印された。イタリアは北アフリカの植民地を失い、フランス、ユーゴスラビア、ギリシアに領土を割譲した。トリエステは国際連合統治下の自由地域とされたが、年イタリアとユーゴスラビアとの間で分割され、いちおうの解決をみた。ルーマニアは年のソ連への領土割譲を再認したが、トランシルバニア地方の大部分を回復した。ハンガリーの国境はほぼ年の国境とされた。ブルガリアは南ドブルジア地方の領有が認められ、年の国境をほぼ維持した。フィンランドについては年のソビエト・フィンランド戦争によるソ連への領土割譲が認められた。 ドイツ処理の方針は、年8月2日のポツダム議定書で明らかにされたが、その解釈をめぐって米ソはことごとに対立し、年末のロンドン四国外相会議は決裂した。年にはドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)とドイツ民主共和国(旧東ドイツ)とが樹立され、米英仏は年5月西ドイツと「平和取決め」条約を結び、年10月のパリ協定で西ドイツの主権を回復し、事実上の単独講和を結んだ。これに対してソ連は、年5月東ドイツに自立権を与え、年9月東ドイツの主権を回復した。こうして二つのドイツは固定化され、平和条約は締結されなかったが、年西ドイツがオーデル・ナイセの国境線を認め、年には東西両ドイツ間に基本条約が調印されたことは、平和条約のなし崩し的な実現といってよい。 対日処理方針は、年7月26日の対日ポツダム宣言に示されたが、対日講和問題でも米ソは一致せず、また日本国内の世論も分裂したが、年9月8日サンフランシスコで対日講和条約が調印された。ソ連、チェコスロバキア、ポーランドは調印を拒否した。中国は招請されず、インド、ビルマ(ミャンマー)、ユーゴスラビアは会議に参加しなかった。中華民国、インド、ビルマとはのちに平和条約を締結した(ただし、日華平和条約は年9月の日中国交回復で消滅した)。 [吉田輝夫].

研究史の動向 大戦史の研究を回顧してみれば、そこには戦後史の展開が強く反映されているのに気づく。米ソを両極とする両陣営の対立が激化したいわゆる「冷戦」期には、アメリカが『独ソ関係文書集』(邦訳『大戦の秘録』)で独ソ不可侵条約の秘密付属議定書を暴露し、ソ連の大戦責任を示唆すると、ソ連は『歴史の偽造者』で英仏の宥和(ゆうわ)政策を激しく非難した。以後、大戦史研究の重心は年夏に置かれてきたといっても過言ではない。大戦の歴史的意義をどうとらえるか、つまり近代史の発展ないし展望のなかで大戦をいかに位置づけるかは、独ソ関係と宥和政策の評価にかかっているからである。研究史上有名な前述のテイラー論争も、ヒトラーの評価をめぐるとともに宥和政策の評価をめぐって展開されたのであった。大戦史研究における若干の論点については、本文で簡単に触れておいた。 [吉田輝夫].

解説・用例 世界経済恐慌後ファシズム政治体制を確立した日・独・伊などの枢軸国と、米・英・仏・ソなどの連合国との間で行なわれた世界的規模の戦争。一九三九年九月、ドイツのポーランド侵入によって開始され、英・仏の対独戦争、独ソ戦争、太平洋戦争と拡大した。はじめ、枢軸国が優勢であったが、一九四二年頃から連合国側の総反撃が始まり、一九四三年二月の日本軍のガダルカナル撤退、スターリングラード(ボルゴグラード)におけるドイツ軍の壊滅で枢軸国側の敗色が濃厚となり、同年九月にイタリア、一九四五年五月にはドイツが降伏。そして日本もソ連の対日参戦とアメリカの広島・長崎への原子爆弾投下によって同年八月一五日に降伏、大戦は終結した。第二次大戦。 *最新百科社会語辞典〔1932〕「だいにじせかいたいせん 第二次世界大戦 〔政〕国際経済が確立されてゐる現在では、帝国主義戦争は避け得られないものとされてゐる。〈略〉この近き将来に起るべく予想されてゐる世界大戦を過般の第一次世界大戦に対して 第二次世界大戦 といふのである」.

発音 [タ] [ダ]=[タ] (ニ)=[タ]. ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。 すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。 パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。. ジャパンナレッジの利用料金や 収録辞事典について詳しく見る. 検索ヒット数 件. 百科 日本大百科全書 世界大百科事典 2 Encyclopedia of Japan 2 日本語 デジタル大辞泉 51 日本国語大辞典 字通 0 数え方の辞典 1 日本方言大辞典 0 歴史 国史大辞典 日本歴史地名大系 日本史年表 0 古事類苑 0 江戸名所図会 0 英語 ランダムハウス英和 プログレッシブ英和 43 プログレッシブ和英 6 コウビルド英英和 4 CAMBRIDGE英英 0 理化学英和辞典 0 医学英和辞典 0 ヨーロッパ言語 11 ポケプロ独和 5 ポケプロ仏和 0 ポケプロ西和 3 ポケプロ伊和 0 羅和辞典 0 ポケプロ和独 0 ポケプロ和仏 0 ポケプロ和西 1 ポケプロ和伊 2 和羅辞典 0 東アジア言語 7 ポケプロ中日 4 ポケプロ韓日 3 ポケプロ日中 0 ポケプロ日韓 0 用語・情報 イミダス 現代用語の基礎知識 0 会社四季報 秋 0 法律用語辞典 12 デジタル大辞泉プラス 92 図書館情報学用語辞典 0 new!

人名・文化・宗教 日本人名大辞典 15 世界文学大事典 4 日本人物文献目録 0 日本架空伝承人名事典 3 能・狂言事典 32 歌舞伎事典 22 仏教語大辞典 0 科学 49 デジタル化学辞典 49 法則の辞典 0 記事・コラム 週刊エコノミスト 生活便利帳 1 叢書 東洋文庫 38 日本古典文学全集 1 文庫クセジュ だいきょうこうからだいにじせかいたいせんへ【大恐慌から第二次世界大戦へ】 : アメリカ合衆国. っぱつ)から年の 第二次世界大戦 終了までを連続した過程としてとらえ、17世紀の三十年戦争に次ぐ第二の三十年戦争とする見方(ノイマン)もあるけれども、第二次 grande guerra [女性名詞] 第二次世界大戦 la Seconda Guerra Mondiale [女性名詞] World War II was a vast and complex conflict, involving a number of separate but of the Second World War )六巻。チャーチル著。一九四八〜五四年刊。 第二次世界大戦 中のイギリス首相として大戦にかかわったチャーチルが、力強 ナチス・ドイツがポーランドに侵攻、 第二次世界大戦 が始まってから70周年の年9月1日、開戦地ポーランド北部のグダニスクで行われた記念式典。ドイツのメルケ World War II, Japanese society during 【第二次世界大戦下の日本社会】.

For the Japanese, World War II was a total national effort affecting every citiz 日本と朝鮮半島との間には、今日さまざまな問題が横たわっている。この項目では、 第二次世界大戦 後、現在に至るまでの日本と朝鮮半島との間の、主として政治的な問題につい とっている。こう見てくると、小説家は自分の考えを未来に投影することを断念して、連作の陰鬱な結末を、 第二次世界大戦 に先立つ混乱の時期と響きあわせるようにしたことが たしかに存在している。それは芸術の道である(ジゾールと日本人画家の蒲が、この道を体現する)。 第二次世界大戦 後、マルローは美学的な考察を重ね、芸術がどれほど重要な 見つけるのは、戦後の作品によってであろう。一見して野放し状態の言葉の流れが呪詛の文句を運び、 第二次世界大戦 やドイツ亡命時の様子があたかも幻覚を映すように描写され 異議申し立てと探究(一九四〇~一九六八年) 三〇年代の小説が、見たところ悲劇の徴を帯びているとすれば、 第二次世界大戦 の直前に、もしくはそのさなかに名を上げる新 現代に近い時代が描かれることもある。たとえばレジーヌ・デフォルジュは、『風と共に去りぬ』を手本に、 第二次世界大戦 の時代をたくましく生き延びようとするヒロインを描 中心に軍用制式銃として広く普及した。年、当時兵士だったミハイル・カラシニコフが、 第二次世界大戦 でドイツ軍が使用した突撃銃から着想を得て設計した。正式な名 United States were allies in World War II.

カナダと米国は 第二次世界大戦 中は同盟関係にあった.


カラー版 第二次世界大戦 最終回 太平洋での戦い ドイツ権益の獲得とは異なるものでした。日本が中国に持つ諸々の権益を改めて日本に譲渡するよう中国政府に圧力をかけることでした。つまり、かつてドイツが清国(中国)に結んだ租借権を日本が引き継ぐのではなく、改めて日本は 中華民国 (中国)に租借権を結ばせ、長期にわたる領土の租借権を獲得しようとしたのです。. JAPAN ヘルプ. その他の回答(4件) ナイスの多い順 新しい順 古い順. 大和型戦艦を作らず空母、または航空機への研究資金にする 3. 閉じる ログイン. イギリスは勢いを増す日本を警戒します。日本がこのまま そうなれば東アジアだけでなく、南太平洋のイギリス領であるオーストラリアや ニュージーランド も横取りされるかも知れない。.
ルーフ ラック 荷物, 特攻 の 拓 来栖 くん, 山田 義明 滋賀県, 福岡 市 都市 計画 決定 図
Read More