製造業・スマートファクトリー

スマートファクトリーが求められる背景


しかし、日本国内ではIoTに精通した「IT人材」が質・量ともに不足しているという現状があります。 ネットワーク負荷やネットワークセキュリティといった技術的な問題を解決するには、IT人材の採用・育成が欠かせません。 また、IoTシステムの費用便益分析や投資効果の判断を行い、ベンダーやパートナー企業を適切に選定するためには、IoTについての正確な理解が必要です。. というご希望がございましたら、お気軽に 画処ラボ までお問い合わせください。 ルール型画像処理からAIによる画像処理まで、ご希望に対して幅広い対応が可能です。. スマート工場化を推進するには、「見える化して分析を行う」「機械の制御を行う」「自動化する」の3つのステップが必要です。それぞれのステップでどのようなことを行うかや、注意すべき点を順に解説します。 見える化して分析を行う まずは、工場内の設備の状態や稼働状況を見える化し、分析するための仕組みをつくります。 リアルタイムのデータ収集を考える場合は、インターネットに接続可能なセンサー・デバイスを導入するのが一般的です。センサー・デバイスには、人やモノの動きをとらえ、物流管理や入退室管理が可能なセンサーから、温湿度や明るさなどのデータ収集に向いたものまで、さまざまなものがあります。 データ収集の目的に合わせて、見える化に取り組むことが大切です。 機械の制御を行う 収集したデータを使い、クラウドコンピューティングやデータ分析技術を活用して、工場内の設備の制御を行います。 分散型決定を実現し、生産工程を自律化する場合、AIやディープラーニングを活用するのが一般的です。 具体的なソリューションとして、AIの画像認識技術を活用した外観検査や、AIの故障予知を利用した予知保全、エネルギー消費量の見える化に基づく省エネルギーシステムの構築などが挙げられます。 自動化する 最後のステップが「自動化」です。 前述のとおり、製造業の課題の1つとして、人手不足や人材の高齢化が挙げられます。 センサー・デバイスによる工場内の設備の見える化と、AIやディープラーニングによる機械の自律的制御を組み合わせ、管理者やオペレーターなしに付加価値の高い生産ラインを稼働させつづけるのが、スマート工場の最終的な目的です。 また、現場の作業員の業務負担を軽減し、ワークライフバランスの改善にも貢献します。. まとめ IoTやAIを活用することで、従来の方法では把握できなかった情報を数値化し、データとして製造ラインに反映できるようになりました。IoT導入によるスマート工場化の波は、ドイツや中国をはじめとする世界中に広がっています。 他国と同様、日本でも行政主導でスマート工場化を支援する取り組みが行われており、中には設備投資を検討する企業への補助金制度もあります。企業ごとに最適なスマート工場の仕様は異なるため、行政の支援を活用しつつスマート工場化を図るとよいでしょう。. BACK ICT|ユーピーアールのICT・IoT IoTトップ 導入事例 IoTとは? IoTコラム IoTお問い合わせフォーム. カタログ ダウンロード. 関東最大級のロボットシステムインテグレーター 生産設備 の設計から製造ならお任せください 営業時間:平日 スマート工場の成功事例 5. 目次 [ 非表示 ]. ATM・金融端末の生産ラインにおける 板金加工工程 に注目しています。板金加工工程は、カスタマイズ部品の生産が多く、多品種少量生産を行っているため、人の作業が多く様々な作業が含まれています。. 世界で広がるスマート工場化の波 スマート工場には生産性向上などのメリットがあることから、ドイツや中国などの工業大国を中心に多くの国々でスマート工場化が推奨されています。 ・ドイツ 年、産官学共同のプロジェクトとして「Industry4. というご希望がございましたら、お気軽に 画処ラボ までお問い合わせください。 ルール型画像処理からAIによる画像処理まで、ご希望に対して幅広い対応が可能です。.

舞鶴 波高, すき家 食べ ラーメン マ 牛 丼, うらほろ こんぶかりいし, ニコニコ 大 百科 グランド オーダー