海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド / 海外の転職・求人情報ならマイナビ転職グローバル

海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド / 海外の転職・求人情報ならマイナビ転職グローバル


日本統計学会は、国際通用性のある統計活用能力の体系的な評価システムとして統計検定を開発し、様々な水準と内容で統計活用力を認定しています。 統計検定の特徴と種類. 「統計検定」は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験として、一般財団法人 統計質保証推進協会が運営している資格です。. 日本統計学会により公式認定 されており、さらに総務省・文部科学省・経済産業省・厚生労働省・内閣府により後援されていることにより、 統計分野のスタンダード的な資格 として幅広く認識されてい 出入国管理統計(出入(帰)国者数,入国審査・在留資格審査・退去強制手続等) 統計表一覧; 利用上の注意; 用語の解説; 結果の概要; 正誤情報; 公表予定(xml)(その他:68kb) 在留外国人統計(旧登録外国人統計) 統計表一覧; 利用上の注意; 用語の解説; 結果の概要 米国公認会計士(U.S. Certified Public Accountant、footballindexforum.club)資格は、アメリカのAICPA(The American Institute of Certified Public Accountants)により実施される試験で、試験合格により米国各州が認定する公認会計士のライセンスを取得する資格を得ることができます。. 会計を始め、経理、財務、税務、法務などビジネスに生かせる様々な専門知識が英語で出題されるため、専門知識と英語  · 統計学の資格で、近代統計の発祥の地でもある英国の王立統計学会 (The Royal Statistical Society, RSS) と契約を結びRSSが長年にわたって実施してきたものと同じ試験を、日本において実施するRSS/JSS 試験というものがありました。  · 統計士・データ解析士の資格を取得するには、一般財団実務教育研究所の「現代統計実務講座」を受講する必要があります。 「現代統計実務講座」は通信教育で、統計士であれば8ヶ月間、データ解析士であれば4ヶ月間受講することが必要です。Estimated Reading Time: 8 mins