セツブンソウの育て方

セツブンソウ(節分草)の水やり


日当たり・置き場所. 早春から開花までは雨の当たらないよく陽の当たる場所において育てます。. 花後から地上部が枯れて休眠にはいるまで直射日光の当たらない半日陰の場所に置きます。. 夏に地上部が枯れて休眠期に入っても地温が上昇すると地中内の球根が暑さで痛んだり最悪の場合、枯死してしまいかねませんので、コンクリートの床に直置きしたり、直射  · 節分草の増やし方には、球根の分球での増やし方と種まきでの増やし方の2種類がありますが、種まきの方が簡単です。 種は4月頃、花が咲き終わった後にできるので採取します。 キバナセツブンソウ(黄花節分草) 年3月7日 撮影 栽培品. それまでも山野草は育てていましたが、ホームページを初めた10数年前に種からかなり多くの山野草を育て始めたころに購入したのがキバナセツブンソウで、同じ頃に日本のセツブンソウも育て始めました。 セツブンソウは関東地方以西の主に太平洋側に多く見られ、古くより節分のころに花が咲くのでこの名前があります。石灰質の土壌を好み、晩秋から冬の間に、地中深くにある黒褐色の塊茎から白い芽を伸ばし始めます。そして、冬の終わりから早春のころに、白い花 セツブンソウの群生を造ることが夢で種を播き始めて、年現在かなりの花が咲くようになった。セツブンソウの種はよく結実するし、球根は庭の土の中に深く潜るので暖かく庭植のほうが良く育ってい