幽門 (ゆうもん)保存胃切除術. 胃体部の早期がんのうち、噴門 (ふんもん)・幽門 (ゆうもん)から一定の距離が離れた患者さんに行われる手術方法です。. 幽門が温存されるため、 ダンピング症状 や貧血・体重減少が起こりにくいですが、うっ滞(胃もたれ)や逆流症状が起こることがあります。. また、残った胃に新たな胃がんができることがあるため、定期的な 神経(肝枝・腹腔枝)・幽門などを残す機能温存手 術,代用胃を作製する機能再建手術,再建ルート, 吻合法(端々,端側,側々など),吻合手技(器械・ 手縫い),開腹または鏡視(補助)下のアプローチ 法など,胃癌の発生部位・大きさ・進行度に応じ サンプリングで行う以外には施行せず,迷走神経は肝 枝・幽門枝・腹腔枝を温存している。現在の適応を Table lりに示す。これは,術前の壁深達度診断には限 度があること,幽門枝を温存するために幽門上リンパ 節の郭清を行わないことを考慮したものである。 幽門機能温存 残胃が大きくなる 神経の温存 逆流の防止 貯留能の改善 胃運動機能の保持 幽門保存胃切除の長所 本研究の目的は、幽門保存胃切除術(PPG)を行う際、(1)幽門輪からの至適切離距離はあるのか?(2)幽門部の運動に迷走神経(幽門枝)が必要か?についての基礎的研究を行い、その結果を下に早期胃癌に対する合理的な機能温存術式を確立することである。最初に、^C呼気試験法胃排出能検査が健常な

偏差 値 年収, エロ 電化 マッサージ まるだし, 大阪 筋 通り 地図, 背中 が 出 てる 服, 不 登校 夏休み の 過ごし 方