Uncategorized

この記事を書いている人いじめる・いじめられる経験の背景要因に関する基礎的研究

さすがに小中高校大学、バイト先、仕事先でも全く同じ仕打ちを受けるので 「これはおかしい」 と長年疑問に思い続けていました。 正直、「彼・彼女らは実は裏で協定を結んでいるのか?」「脳みそがつながっているのか?」それくらい典型的だと感じていました。. よく 「いじめられる側にも問題があった」 なんて言う人がいますが、 背景も知らないでそんなことを他人に平気で言える 「楽して暮らしてきたような人たち」 には一生わかりません。 彼らは何を言おうと経験不足なだけなのです。.

最近も、大阪に行った際に早速、難波駅出てすぐに強面のおじさんにカツアゲされました。 さすが大阪・・・。 と思ってSNSに書いたら「30年以上大阪に住んでいる者ですが、そんな目に会ったことは一度もないです」とコメントがありました。(大阪の人ごめんなさい). つまり私は「無抵抗・無害そう」であり、「話しかけやすい」という特性があるとポジティブに考えました。 良い解釈をすれば「信頼される」ということです。. 昔は自分の方に責任があると思ってリストカットするほど自虐していましたが、 「騙(だま)される方が悪いか、騙す方が悪いか?」 「騙す方が悪いに決まっている」 という 至極自然で当たり前の考え で、 「冷静に考えれば、いじめる方が悪い。恐喝・恫喝する方が悪いに決まってるじゃないか。」 と結論づけました。.

そこで私は 「いじめられる人を助ける側になろう」 と考え、 こちらがいつまでも被害者ぶっていても仕方ないので、 「患者ではなく治療者側になる」 ことで精神的な安定を得ようとして心理学者・カウンセラーになりました。 動機はおこがましく上から目線かもしれませんが、結果として周囲の誰よりも心理的な洞察力と分析力が抜きん出たのでよかったと思います。 最初の動機が不純でも、それが自己効力感となって肯定化されればそれはそれで良いことです。. また10年近くの接客業の中で、 賛成:中立:反対 の比率は、 2:6:2 という法則を体感的に感じました。. つまり私が何を言おうとも 20%は賛成、60%は中立、20%は反対 するということです。 自分の周囲にいる人でも 2割は好きな人、6割は中立な人、2割は嫌いな人 となります。. 大切なのは、その「私のことを嫌いな人を好きになろう」としないこと(暴力に屈しないこと) であり、 その努力をするくらいなら、「6割の中立な人を好きな人に引き込む」ほうが遥かに効率が良い と感じました。 1人に嫌われようとも、自分の背後には人、人の仲間がいると思うことで安心しました。.

余談ですが、 「友達」とは情動的な触れ合いのある人、「仲間」とはそれがなく付き合える人です。 友達はどんな有名人でも生涯でせいぜい多くて1~3人程度です。 その友達も「人間関係は腹6部まで」で、 良くても自分の6割のことを明かせる程度で良い のです。 仲間は家族・知人・職場・学校の人・・無限にいます。 よく「友だちがいない」という人がいますが普通そうです。 「仲間」を増やせば、その中からわずかながら友達(6割ぐらい自分を明かせる人)が出てきます。 無理にこちらから仲間を増やさなくてもどこかの集団に属すれば自然に増えます。.

メガネをしているのなら、コンタクトにするか、赤や黄色や青など色の入ったメガネにする。 ふち無しメガネや、黒の太ぶちメガネはやめた方が良い。 私は最初、紫の太ぶちメガネにしました。. これは美容師の人に勧められました。 太眉で手入れもしれいなかったので、カミソリでスッとした眉毛にしました。 これだけでも印象がガラッと変わります。 自堕落な感じではなく、スッとしたさわやかな印象を与えます。. よくあるチェックシャツや白や黒のTシャツでGパンだったりと何のひねりもない格好が多かったので、 大学時代には、赤、青、黄、緑、紫、オレンジと、毎日色を変えて自分を試しました。 それまで「赤なんて自分には合わない」と思いながらも着たら着たで「やっぱり合わない」と、変な汗が出ましたが、それを克服することでいろんなファッションにチャレンジできます。あまり奇抜過ぎるのもダメですが、羞恥心に慣れることは必要です。.

はっきり言うと、髪が長い人・常に帽子をかぶっている人というのは、猜疑心が強く、自信がない人です。 それが態度に出てしまいます。 態度に出なくてもそういう第一印象・先入観で印象を与えてしまうのです。. 厳しいことを言うようですが、 「自分から何かを与えようとしていないのに、何かをもらおうとしているのはおこがましい」というくらいの精神を持っていたほうが事がうまくいきます。 「どうせ周囲は自分に何もしてくれないんだーみんなひどいやつなんだー」ではなく、得ようと思うなら与えなくてはなりません。. 心理学・行動経済学の「返報性の原理」(好意には好意で報いる、受けた恩は必ず返す、そっちがそう来るなら自分も・・なる心理)を逆手に取って、 自分はフリーミアム(無料配布)で無料の自動販売機のつもりが大切です。 パスを渡す人を「パッサー」と言います。.

自分も過去に似たような経験があり、コンプレックスを感じていたのでこの文章を読んで希望が見えました。 女性なので髪を切ってお化粧をしてみたところ、以前より自信を持って行動できています。 あとは、嫌いな人とは無理に関わろうとせず適度に距離をおき、信頼できる人とのみ関係を続けるようになりました。 貴方のコメントを読んだおかげで、自分の行動は間違っていなかったんだなと感じさせられました。 ありがとうございました😊.

名前 必須. メール(公開されません) 必須. このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。 コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください 。. リバータリアン心理学の世界へようこそ! 2つの自由を手に入れよう ココロの自由(左の自由) モノの自由(右の自由). 私は新しい集団になると100%いじめられます。 今まで例外などありませんでした。 初対面から「おい、そこのメガネのクズ野郎」と声をかけられるのです。 「はじめまして」以前の問題で、人間として見られていないのだと思います。 さすがに小中高校大学、バイト先、仕事先でも全く同じ仕打ちを受けるので 「これはおかしい」 と長年疑問に思い続けていました。 正直、「彼・彼女らは実は裏で協定を結んでいるのか?」「脳みそがつながっているのか?」それくらい典型的だと感じていました。 スポンサーリンク. タグ アリ地獄 いじめ スケープゴート ストローク パッサー 心理学 自己愛性パーソナリティ障害 自己愛性人格障害.

関連記事 「便利だから価格が高くても当たり前」という狂った感覚をやめなさい 看護実習の何が嫌なのか?2【指導者・メンバー編】~看護実習を決める4要素と攻略法~ LINEアイコン占い 統合失調症の妄想 勉強は「遊ぶこと」学校は「暇人が集まる場所」という語源 なぜ自分のことばかり話してしまうのか?~話題のひき逃げ拉致~.

コメントを残す コメントをキャンセル 名前 必須. リバータリアン心理学研究所 TOP 心理学・精神医学 いじめられるのを軽減させる方法.


【いじめられ思考】いつもいじめられる人に共通する思考パターンと解決策  · いじめは、誰が誰に対して行おうと卑しく情けない行為である。Estimated Reading Time: 7 mins  · いじめられる子の心理的特徴はどのようなものでしょうか? いじめられたことがなくても、いじめを目撃したことなどは誰でもあるのではないでしょうか。 また、いじめは子供だけの話  · いじめられる人は最初から決まっている~イケメン=善、ブサイク=悪 ~. 更新日: 公開日: 心理学・精神医学. Tweet. 0. 1. 昔から母がテレビの前でニンマリしながら何十時間もぽけーっと見続けて家事もしない、振り返ればキレる人だったの いじめ発生における加害者の環境的要因 及び心理的要因についての実証的研究 Positive study about the environment-like factor and psychological factor of a bullying assailant 大嶋 千尋1 1大妻女子大学大学院人間文化研究科臨床心理学専攻 Chihiro Oshima1  · 犯罪心理学の観点から考えるいじめの本質 加害者に求められる心理教育、教員間暴力から考える 拡大 連日、教職員間での加害行為についての Estimated Reading Time: 2 mins いじめられる人の心理. いじめられる人の多くは、自分がいじめられている事を親や教師、たとえいじめに会っている人が大人であってもなかなか人には話しません。. 逆に自分を知らない人間が多い匿名の発言が可能なインターネットでは話す、というか書くことにそれほど抵抗がない人も多くいます。. いじめられる人の多くは、自分がいじめられている事実を  · いじめをすることにも、いじめられることにも根本的な原因は劣等感の取り扱い方にあります。 アドラー心理学では人は今よりも良い状態を求める「優越性の追求」という性質があるとしてい Estimated Reading Time: 3 mins  · 犯罪心理学の観点から考えるいじめの本質 加害者に求められる心理教育、教員間暴力から考える 拡大 連日、教職員間での加害行為についての  · いじめられやすい子の心理的特徴. 実は、いじめられやすい子の心理的特徴には共通したものがあります。 それは、「自分自身に対する自信のなさ」です。「自尊心の欠如」といってもいいでしょう。 このような心理的な特徴をもっていると「オドオドした態度」をとってしまったりします。Estimated Reading Time: 3 mins 観者も,いじめと無関係ではありえない。実際,いじ めを止めようと勇気を出した子どもがいじめられる側 に回るケース,被害者を救いたいという気持ちはある けれど,自分が次なるターゲットになることが怖くて いじめる側に留まっているケースもある。Author: Minako Ito

Read More